「職人」を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人になるために技術を磨く

塗装職人になるために技術を磨く

世の中にはいろんな職人がいます。
職人になるために何が必要なのか、その点をよく考えてみましょう。

塗装職人になるために何が必要なんでしょう。

まず、腕がいいか悪いかを考える

結局、世の中には腕がいいと評判な職人がいます。

逆にへたくそな職人もいます。
どちらがいいかを考えたら当然、上手な人の方がいいでしょう。
いくら、腕が悪くてその分、安い費用でやってくれる職人と腕がいいけれど、少々賃金が高い職人、どちらを選ぶといえば後者を選ぶに決まっています。

その点をよく考えてみましょう。

とにかく、腕の悪い職人は幾つか、ポイントがあります。
整理整頓がヘタな人は腕が悪いのではないかと感じます。

何故なら、塗装する場所によって道具が違う場合があります。
さらにきちんと整理してあればそれだけで、相手の人柄が判ります。
その上、マナーの悪い相手だと最悪です。

でも、どんな仕事でもマナーの悪いと相手に信頼されないです。

ぶっちゃけ、仕事道具をぞんざいに扱うと傷みも激しいです。

あと、安い道具ほどすぐ使えなくなります。
腕を上げるためなら多少、値がはってもいい道具を使った方がいいです。
さらに手入れをしっかりしていたらどんな道具も長持ちします。

腕のいい職人は道具にも気を配っているはずです。

だけど、腕のいい職人になるためには修行も必要です。

考えてみてください。
誰もが、初めてということがあるんです。
で、何年も塗装職人の人とまだ、塗装職人になったばかりの人とどちらがうまいといったら前者でしょう。
実際、うまくなるためには実践が必要です。

大抵が実地訓練になってしまいます。

何故なら、塗装職人になるためには資格は必要がありません。
さらに専門の学校に行く必要もありません。

塗装職に就職したらその時点で塗装職人になるのです。

で、大抵の職場は未経験者歓迎となっています。

だけど、未経験者に家の壁を塗装してほしいですか。
という質問に大抵の人がノーというのではないでしょうか。
なので、おそらく、業者も塗装職に就職したばかりの人だけをよこすことはしないはずです。

さらに最初のうちは簡単に塗装できるところしか、やらせてもらえません。
段々、慣れていくことで責任のある仕事を任されていくのです。

塗装職人になるのなら学校に行こう

確かに転職して塗装職人になる人もいるでしょう。
でも、学校を卒業して塗装職人になる人もいます。

小中学校は勿論、義務教育なのですが、殆どの人が高校に進学します。
さらに求人でも高校くらいは卒業しておいたほうが有利です。

実際のところ、最近では塗装職人でなくても塗装はできます。
というか、コストを抑えるために自分の家の塗装は自分でやる人もいます。
そんな中、仕事でやるのならある程度、相手に信頼されなくてはいけないんです。

だから、最低限の学歴は必要です。
なので、学校に行っておいた方がいいということになるんです。

塗装職人にも資格があるのでしょうか。

よく、仕事には資格が必要だといいます。
というか、いろんな仕事に資格が存在しています。
ということは、塗装業にも資格があるのではないでしょうか。

調べてみたらありました。

1級か3級の塗装技能士です。
といってもこれらは一定の実務経験が必要になります。

ということは、実務経験を行わないと受験する資格がないということです。

ただし、資格を持っているということはすでにベテランといった域に到達しているということです。
何故なら、3級を取るのにも6ヶ月以上が必要です。
2級なら実務経験2年以上、1級ともなるとなんと7年以上です。

国家資格であり、資格を持っているということはそれだけ仕事が入ってくるということです。

家はいつか、傷んでくるものです。
そして、傷んでくるのは大抵、外壁からです。
そこで外壁を塗装するのは職人の仕事です。

さらに資格が上がっていくということはそれだけ、キャリアがある証拠になります。

塗装工事は資格が必要とされる仕事ではない

資格がなくても塗装の仕事をしていたら塗装職人になれます。
資格がなくても塗装職人だから、仕事が済めばその分の報酬がもらえます。

でも、報酬に見合う仕事はしなくてはいけません。
それがおカネをもらうということです。

なので、塗装職人と名乗りたいのなら心がまえが必要だということです。
一流の職人になりたいのなら心がまえをきちんと把握しましょう。

さて、心構えは挨拶をはっきりとすることです。

というか実際のところ、挨拶はどんな仕事でも重要なポイントです。
特に塗装しに行く家には依頼者がいます。

次に下働き仕事をしっかり覚えるというものです。
塗装業は未経験者でも採用してもらえます。
で、さすがに未経験者に塗装の仕事をさせられません。

最初はやはり、下働きです。
ここでこつこつと職人の仕事を覚えるわけです。

というのも、塗装の仕事は誰でもできます。
先輩の仕事を見て覚えることから始まるわけです。
結局のところ、下積みというのが大切なんです。

そして、率先して働くことが一流の職人になる早道ではないでしょうか。

地道にこつこつ、そうすれば塗装職人になれます。

資格があるとそれだけ仕事ができる塗装職人

とにかく、塗装にも国家資格があります。
ほかにも、それ以外の資格など色々あります。
ただ、一級塗装技能士が技術、経験においても一番でしょう。

しかも、実際に経験が七年もやっているんですから。

内容はいろいろ、あるようですが。
塗装職人でバリバリ、仕事をやっていきたいのなら資格を取ることは大切です。
さらに職業訓練指導員というのもあります。
ちなみにこれは免許であって資格ではありません。
なんでも一級塗装技能士の上の免許で、一級塗装技能士の資格がないと受験できないんです。

そして、資格すなわち、塗装職人の実績となります。
どんなモノでも熟練の職人は人気が高いです。
人気が高いということはそれだけ、仕事が沢山、舞い込むということです。

見習いから始めるのが塗装職人の道じゃない

ただ、実践を積んだ職人が沢山、いるわけではありません。

塗装の会社は見習いばかりではなく技術を持った人間を求めています。

というか現場で職人を育てるのにも限度があるわけです。

なので、訓練校に通ってもらうわけです。
訓練校は会社から通ってもらう場合もあります。

そうなると資格も取りやすいし、スキルを上げるにいいです。

塗装の仕事は案外、力仕事

塗装は塗るだけが仕事ではありません。

力仕事も必要になります。
何故なら、塗装対象は重量物である場合が多いからです。
ちなみにそれらを運ぶのに力が必要なのでしょう。

さらに外での仕事です。
空調なんかきいているわけではありません。

夏は暑いし冬は寒いです。

で、雨は場合によって仕事になりません。

しかも、有害な有機溶剤なども用いる仕事でもあるんです。
どうしても敬遠してしまう仕事です。

どうしても、男性が多い職場になります。

さらに塗装という技術は大変スキルが要求されるところがあります。
つまり、熟練職人と新人ではどうしても、差が出てくるものです。
だからといって、あちこち、差ができてしまうと仕事としてはどうなんでしょう。

塗装を依頼する相手が求めているのは完璧な仕事です。
なので一部分でもつぎはぎのような点があっては困ります。

そこでなるたけ、技術を磨く必要があるからです。

最後に塗装職人はどれだけ、いるんだろう。

力仕事も多く、技術も必要になっている塗装職人です。
確かに便利な道具も出ているのですが、使いこなさせなくては何もならないからです。

仕事がきついせいか、なかなか若者が定着しずらく、全体で高齢化が進んでいるようです。

だからといって、技術を会得すれば仕事はどんどん、入っていきます。

自宅や車の中で学べる塗装職人講座

あなたが、「早く一人前になりたい!」と、強く思うのなら、良い講座をご紹介します。

その講座は「塗装職人講座」です。

塗装職人になるには、学習が必要です!

だけど学習する時間がなかなかない人向けの動画講座なので、

初心者の方でも、動画をダウンロードして、自宅や車の中でわかりやすく、好きな時に学べることが出来ます。

15年積み重ねた塗装職人の技術をたったの6時間で学べますので、
塗装職人を目指している方には、こんな良い講座は他には無いかもしれません。

スマホでも見れますので、空き時間や車の中、好きな場所で学べます。

中々教えてもらえない裏技を覚えて、
作業効率をアップしましょう!

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

他の講座一覧

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「ダイノックシート 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「床張り職人 育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top