「職人」を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス張り替え職人になるために!「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学びませんか?

クロス張り替え職人になるために!「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学びませんか?

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

クロス張りとは

クロス張りとは壁や天井の仕上げ方法の一つです。日本の住宅には、一般的にはビニールクロスが最も多く使用されており、クロス張りとは、ビニールクロスを張ると思って差し支えありません。最近では天然素材壁紙も人気が出てきました。

リフォームは大変な金額がかかりますので、居住している人がまず最初に替えることが多い所が、このクロスといわれる部分です。クロス張替えによってお部屋の印象がガラッと変わります。

クロス張り替え職人の魅力

住居に住む人にとって、壁は命です。常に生活をしていく中で目に映る部分ですので、壁紙のリフォームは需要が多くあり、仕事があります。その壁紙を美しく綺麗に張る仕事をするのがクロス張り職人です。

一見、素人でも出来そうに見えますが、それは間違いです。高等な技術が必要です。プロの職人が仕上げた壁紙はまるで、一枚のクロスが張られたように見え、端と端に切れ目がわからないほどの、仕上がりのため、綺麗です。素人がやれば時間がかかるため、張り方にもムラが出てしまい、明らかに失敗した姿を露呈させてしまいますが、クロス張り職人はそれを短時間で難なく仕上げてしまいます。

料金が、1メートルあたりの金額設定のため、スピードと正確さで、仕事をこなせばこなすほど、収入アップが期待できるでしょう。

15年積み重ねた「技術」をたった「6時間」で学べます
クロス張り替え職人育成講座

クロス張り替え職人の収入

月収は30から40万円といった感じで、年収は平均で400万以上です。しかし、腕がよく、あなたの技術が認められれば、注文が舞い込み年収は倍以上になる可能性があります。
さらに収入を増やすために、クロス張り以外にも他のクロスやカーテンの調達、インテリアコーディネイトを手広く行うことで、内装の仕事を一括したオールマイティな職人になるため、収入もうなぎ上りです。ただし、信用が第一の仕事のため、多くの収入を得るためには、高等技術が求められます。他と同じようにできていても、作業結果にムラがあれば即クレームをもらうのが、厳しいところです。お客様の期待に反したものを仕上げるのではなく、その期待を超えた、期待以上のクロス張替えをしたとき、あなたの信用と収入は、比例するように上がっていくのです。

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

クロス張り替えの仕事とは

DIYといって、休日のお父さんなどが手がけるお手製のリフォームが流行っている今日ですが、壁紙クロスは素人が手を出す部分ではないです。
そのくらい難しく、失敗は許されず、投げ出したくなるのが現状です。
クロス張り替え職人は、多くの家庭から感謝される仕事です。
なぜなら、生活空間を見違えるように変えるからです。今まで住んできたその家庭からは、間違いなく感謝の言葉をもらえます。
クロス張り替え職人の仕事は家具の移動と養生から始まります。
張り替えにとって障害物となる家具を移動し、リフォームをしない箇所にシートをかぶせることです。
次に、古いクロスを剥がします。これが大変難しいです。できる限り下地をいためない様に、カッターナイフなどで表面部分を剥がします。下地がボコボコしていたら、クロスパテ
で補修します。
そして、クロス裏面に全ての面に満遍なく、均等にのり付けします。
最後に、裁断したクロスを素早く均一に、のりが乾かないうちに貼り付けします。
職人の腕はここで分かるといっても過言ではありません。失敗は許されず、絶対に成功が求められます。

クロス張り替え職人になるためには

あなたがもし独り立ちして、この仕事1本で生活して行きたいという気持ちがあるのなら、まずは修行期間が必要です。親方と呼ばれる人の傍につき、真剣に見習いとして勉強します。趣味から派生して。という気持ちの方もいますが、お客様から工賃をいただき、喜んでもらうためには、アマチュア意識を排除しなくてはいけません。

クロス張り替え職人としての知識とは

クロス職人として必要な知識は、現場でも学ぶこととなりますが、少し概要を説明すると、
クロス張替えをするに当たっての必要な機材、道具、そして実際に現場で使うと便利な道具、副資材があります。
下地の種類も実は6種類あります。特殊な下地作業の知識も必要です。たとえば、下地をガラスや鉄に貼ることもあるので、その知識が必要となります。
貼る上で障害となる部分の、電気器具の取り外し方も大切な課題です。火災報知機やクーラー、電気プレート、電源プラグなど、身近にあるものを、どのように取り外すのかも、大変重要な知識です。
壁紙の剥がし方があります。効率よく剥がし、そのためのコツもあります。また、切込みを入れる箇所や方法、斜め45度剥がしという技法も知識として蓄えなければいけません。
下地の処理もあります。下地が浮いてしまった時の対処の仕方や、パテの水加減、塗り方などがあります。
他にも、のりの作り方やのり付け機の使用方法、貼り方の応用となる天井やクーラー周りなどの障害物への貼り方、寸法の測り方などがあります。

クロス張り替え職人になってからきをつけること

あなたがクロス張替え職人になって考える、重要な根幹となる基礎が、「相手の立場になって仕事をする」ということです。
現状、大変魅力的で、収入も顧客が多ければ多いほど、収入は増えます。
あなたの技術が高ければ、それだけ口コミで広まり、お客が増え続けるのです。しかし、少しでも力不足で、お客への満足度が悪ければ、一気に顧客が減るのです。
もちろん、ライバル店も多いので、そのライバルに負けない結果力が必要です。
お客様は、すでにプロとして見ています。だから、失敗は許されません。
部屋をクロス替えで綺麗にし、ありがとうといわれるためには、どのような作業と、対応をすればよいかを真剣に考える事が、ライバルに勝つ為の考え方です。

まとめとして

趣味が高じて、クロス張り替え職人になりたいと考えたり、収入になるからという理由で、転職をめざしているなどの、さまざまな動機があるかと思います。
他のリフォームからみても、クロス張り替えは習得する度合いが高く、早く独立していけるくらいの未来が見受けられるからです。
もちろん、覚えることも、そして、やることも完璧に作業をこなすことが求められるので、趣味の範疇を超えた、プロ職人であることは間違いありません。
そのための努力を、まずは親方からしっかりと指導を受け、学び、自分自身で付加価値を見出して、独り立ちするための時間と労力は必須です。
しかし、その努力の末に勝ち取った時、クロス張替え職人としての醍醐味を間違いなく感じられることでしょう。
あなたの作り上げた壁紙を喜び、心から感謝してお金を払ってくれるお客の笑顔と、自分自身が認められたという快感が、あなたをもっと成長させてくれるのです。
すでに、転職してクロス張り替え職人になった成功事例や、趣味から始まって、5年以上も職人として大活躍している先輩はたくさんいますので、そういった人から現場での実体験話、実際の給与、そして、メリットや苦労話などの生の生きた声を聞くことも大切です。
生きた知恵と知識、体験を聞くことで、あなたが知っている情報とを照らし合わせながら、
クロス職人として、どのような仕事をしていきたいのか、しっかりと動機付けしていきましょう。
そこに居住するだれもが見る壁紙、天井を、最高の仕上がりで喜ばせ感動させるのが、クロス張替え職人です。プロとして気を抜くことなく、お客様の幸せが、張り替えた後に待っているということをしっかりと自覚し、スキルを高次元まで持っていきましょう。
こんなに最高の仕事は、ないと思います。

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

 他の講座はこちら

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「ダイノックシート 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「床張り職人 育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ
 

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top