職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

知っておくと便利!床貼り職人になる為に必要な事

床貼り職人とは名前の通りにフローリングなどの床を張り替えるお仕事をする方々の事なのですが、でも昨今においては床貼りと合わせてクロス貼りもできると仕事が舞い込んできて収入が増えます。これらは床貼りとクロス貼りの両方とも内装業の管轄のお仕事となる為です。考えてみれば床も壁も一つの部屋にある部分となりますのでお客様の心理と致しましても例えば新築から10数年後に床を直した場合にはどうせならクロスも一緒に張り替えてしまおうと言うお客様の要望も多いですので、お客様から『クロスも張り替えてもらえますか?』と質問があった時に出来ないと答えてしまうと他の床とクロスの張替えの両方ができる職人に仕事を振られてしまう場合もありますので、直ぐにでなくとも良いのでぜひ検討してみるのも良いでしょう。

ただしどちらを選ぶかは職人毎のスキルによって決まりますし、幾ら床とクロスの両方が必要できるからと言って仕上がりが雑になってしまう様であれば仕事の受注も激減してしまいます。

ですので先ずは本筋である床貼り職人になる為にはどうしたら良いか?と言う部分で言いますとこれには一定のルートがあります。従来の方法と致しましては、床貼り職人としての弟子入りをして腕を磨く事です。大体の場合は10年位すると独立ができると言うのが一般的でありました。しかし10年だと一人前になるまでにかなりの時間を要してしまいますし、職人も自身の仕事がありますので弟子に技術を教える時間を取ることが困難な場合があります。
そんな中で昨今ではある程度の床職人として技術を習得する事ができる専門学校があります。経験を積んだ講師が基礎から丁寧に教えてくれますので一つの選択肢として覚えておくと良いでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top