職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りのパテ処理がある理由と乾く時間

クロス貼りをする時に絶対に必要なのがパテ処理です。パテ処理せずにクロスを貼る事はなく、クロスの仕上がり成功度はパテ処理にかかっています。

【下地を剥がすと分かる事もある】

なぜパテ処理が必要なのかと言うと、クロスを剥がすと凹凸があるからです。クロスを貼っているうちは分からないのですが、下地にカビが生えている、ビス穴があるなど、クロスの下は平坦ではありません。それらを放っておいてクロスを貼ると、当然ながらクロスが凸凹に仕上がってしまいます。

パテ処理はそれを防ぐためのものなのです。

【パテ処理は2回~3回塗り】

パテ処理は1回ではありません。1回目はビスを隠すため、2回目は壁の凸凹を直すため、3回目は整えるため薄く塗るなど、穴や凸凹を埋めて平らにするためには重ね塗りが必要です。

パテは水で薄めて利用しますが、水なので塗った後に水分が抜けます。すると塗った直後は良い仕上がりでも、月日が経つうちに凸凹が目立ってしまいます。それを防ぐためにも、パテ処理は丁寧に行うのが大切なのです。

【パテが乾く時間】

パテは自然乾燥だと、薄ければ20分~30分ほどで乾きます。そのため、1時間もあればパテは乾いたと考えて良しです。もし厚く塗った場合は1日あれば十分です。そして、時間を短縮したいのならドライヤーで乾かす方法もあります。

パテ処理は基本中の基本で、丁寧に行うのがクロス貼り成功のコツです。凸凹を平らにできたら、クロス貼りは成功に近付きますよ。

15年分の知識を6時間で学べます!

クロス張り替え職人育成講座(動画教材)

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top