職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人になるために必要な資格は?方法は?給料は?女性はなれる?

全国の優良塗装会社を厳選して紹介
顧客満足度98.2%という卓越した成果
「外壁・屋根塗装の無料一括見積もりサービス」

塗装職人になるために必要な資格は?方法は?給料は?女性はなれる?

1.仕事内容は幅広い…塗装職人とは?

塗装職人は、建物や車両などに色塗りをする専門の職人です。近年は省エネ対策の塗装も行うことがあります。壁や屋根など、一見簡単に見える塗装作業でも、塗料や塗る場所の材質に対する専門的な知識が必要です。また、古い傷やサビを落とす作業も必要となる場合があります。リフォームやリノベーションの作業も行うことがあります。さらに、車などの板金塗装なども塗装職人が担当することがあります。そのため、建設業や土木業、自動車産業など、幅広い職種で活躍することができます。塗装職人には、職人技と専門的な知識が求められるため、素人が簡単にできる作業ではありません。

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

2.資格よりも経験値!塗装職人になるには?

塗装職人になるためには、経験値が重要であることが言えます。塗装工として7年以上の経験を持つことが条件となる、二級塗装技能士という国家資格がありますが、最初は特に資格が必要ではありません。未経験者であれば、一番やりたい塗装などを行うことはできず、雑用が主な業務となることが多いです。また、暑さ寒さに関係なく冷暖房のない現場での作業が常に行われるため、根気と忍耐が必要となります。

このような現場での経験を積むことが、資格よりも重要であると言えます。建築施工管理技士や足場組立作業主任などの資格もあるものの、要は確かな技術と丁寧な仕事、そして信頼性が大切です。そのため、若者の定着率が年々減少している現状があります。

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

3.求職活動に大切な事は『信頼』

求職活動において大切なのは、信頼関係を築くことです。塗装職人の求人情報は、ハローワークなどの求人サイトだけでなく、専門の求人サイトでも見つけることができます。このような職業は、現場での実力が求められるため、派遣として様々な企業で働いてみることも有効な方法です。職人たちには、職人たちのコミュニティがありますので、人柄や信頼関係を大切にした求職活動が重要です。腕が良ければ、職人たちからの信頼を得て、将来独立することも可能です。その場合、業者や職人たちとのコミュニティがあるかどうかが重要な役割を果たします。したがって、多くの現場を知り、それに応じた仕事の進め方を学ぶことが重要です。

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

4.やっぱりココが気になる!塗装職人のお給料

塗装職人のお給料について正確な情報を提供します。

塗装職人のお給料は、基本的に日当で支払われることが多いです。日当の平均額は約11,000円から16,000円であり、月給に換算すると約25万円から30万円ほどになります。しかし、この平均額は管理職(親方)を含んでの平均であるため、下っ端である場合はもっと低い額となる場合があります。

金属専門の塗装職人の方が、木材専門の塗装職人よりも高いお給料をもらえる傾向があるとされています。ただし、給料は業界や地域によって異なるため、一概には言えません。

また、自営業として活躍する場合は、仕事を取ってくる能力や下請け業務を行うかどうか、スタッフを雇うかどうかなどによって収入が大きく異なります。自営業として活躍する場合は、マルチな才能が求められるため、単に技術力だけではなく、ビジネス力やマネジメント能力なども必要とされます。

一方、塗装職人は建築や修繕などで欠かせない存在であり、需要が高く、人手不足が問題視されています。そのため、若いうちから手に職をつけることで、将来的に高収入を得ることも可能です。しかし、仕事は屋外で行われることが多く、季節や天候によっては仕事がない時期があることも覚えておく必要があります。

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

5.女性が塗装職人になることは可能か?〜ジェンダーによる職業制限について〜

昨今、ジェンダーによる職業制限に対する社会的な問題意識が高まっています。一方で、従来男性が多く就く職業に女性が進出するケースも増えていますが、一部の職業にはまだまだ女性が少ない傾向があります。その中には、塗装職人も含まれます。

女性が塗装職人になることは可能か?その答えは、イエスです。性別によって制限される職業はありません。女性でも男性でも、適正や努力次第でどのような職業でも選ぶことができます。

ただし、塗装職人という職業は、肉体労働や高所作業など、体力や危険性が高い部分もあるため、男性よりも女性が少ないのは事実です。しかし、現代の塗装職人は、より安全で効率的な作業方法や機械が導入されるなど、女性が取り組みやすい職場環境が整備されてきています。

また、女性が塗装職人になるメリットもあります。例えば、女性ならではの繊細で正確な作業や美意識を生かした美しい仕上げができるという点が挙げられます。また、女性ならではのコミュニケーション能力やおもてなしの心を持ってお客様と接することができるという点もあります。

しかし、女性が塗装職人になる場合、男性の多い職場で働くことになります。そのため、男性と同様に肉体的な負担に耐えることや、男性と同じように認められるまでの時間や苦労が必要になることもあります。

女性が塗装職人になることができるかどうかは、その人の適性や努力次第であるということがわかりました。塗装職人という職業に興味を持っている女性は、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

まだまだ男尊女卑…塗装職人の男女比は?

現在の塗装職人の男女比について、男女比が9:1程度であることが一般的だと言われています。これは、体育会系で上下関係が厳しい男性社会であり、女性が進出することが難しいためです。また、塗装職人の仕事は、20kgの塗料缶を運んだり、屋根の上での作業など、体力的にも過酷であり、現場での着替えは車やトイレで行うことが普通です。しかし、近年は「イケメン職人グランプリ」が開催されるなど、職人のイメージが変わりつつあります。青年部と熟年部に分かれたこのグランプリには、スタイリッシュな職人たちが出場し、イメージアップに繋がることが期待されています。女性の進出については、まだまだ遅れている状況ですが、デザイン系の仕事に進出する女性も増えているため、将来的には女性部門のグランプリも見られることが期待されます。

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

6.ちなみにこんな仕事も…

塗装職人に限らず、ある程度の経験を積んだ人の中には海外に行く人も少なくありません。海外での仕事内容は日本と変わらない場合が多いですが、未開の地であったり、その国の文化に合わせた塗装方法や塗料を学ぶことができることもあります。海外での仕事には、海外青年協力隊のようなボランティア団体に参加して、初めての学校建設や人々の生活改善を手伝うなどの特殊体験をすることもできます。ただし、海外での仕事をするにはそれなりの経験や語学力、そして勇気や器量が求められます。現場はなかなか見つからない場合もあるかもしれませんが、ただの道具として扱われるような現場にいるよりも、海外に目を向けることも一つの選択肢です。若いほど可能性は広がるため、興味がある場合は問い合わせてみることをお勧めします。

15年の経験が6時間で学べる!内装職人育成.comの動画教材で塗装職人としてのスキルアップを実現しよう

「塗装職人講座|内装職人育成.com(動画教材)」は、塗装職人になりたい人にとって大きなメリットがあります。まず、動画制作者が15年にわたって積み重ねた技術を、たった6時間で学ぶことができます。また、現場でしか学べなかった技術を、場所や時間を問わずに車や自宅などで学ぶことができるため、自分のペースで学習できます。さらに、親方が教えてくれない裏技も学べるため、作業効率もアップすることができます。

この動画教材では、道具の説明から基本的な作業工程まで、細かく説明してくれます。1章ではあいさつ、プロの材料、この動画について、実演してくれるプロの紹介について学べます。2章では塗料の説明、3章では塗料の説明(まとめ)、4章では塗料の購入方法、5章では養生、6章では下塗り実演、7章では上塗り実演、8章では片付けについて学ぶことができます。

この動画教材を通じて、プロの技術やノウハウを学び、塗装職人としてのスキルを向上させることができます。塗装職人になりたい人は、この動画教材を活用して、自分自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。

 

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私の家が建ってから30年以上たち、その間に3回は塗装職人のお世話になってきました。
    塗装職人が海外進出してボランティアしたり、若い人を雇いやすくするために、「イケメングランプリ」が開かれていると知った時には、その人たちの働いている世界でも、いろいろあるんだと思いました。
    塗装職人になるためには、特に資格はいらず、誰でもなれるみたいですが、家の塗装を任せるなら、やはり膨大な知識と繊細な技術をもった信頼できる人にお願いしたいと思いました。

    • アバター画像
      By みんなの投稿

      確かに、家の塗装は長期的に見てとても重要な役割を担っています。質の高い仕上がりを求めるなら、信頼できる専門家に任せることが大切ですね。また、イケメングランプリのような活動があることで、塗装職人としてのスキルや知識を高め、新しい才能を発掘することができることは素晴らしいことだと思います。技術の向上や若手育成に取り組む職人の姿勢には敬意を表します。

  2. 塗装職人って漠然なイメージしかありませんでしたが、こういう仕事だと説明を読むとそうなんだと知らない事が多いなと思いました。

    例えば給料面と資格です。きれいに塗装してるのを見ると、資格を持ってるんだろうなと思っていましたが、資格がない人もいるんですね。全て日々の積み重ねで上達してくんだなと感心しました。
    また、給料が高いのも魅力的でした。親方を目指すのは魅力的です。

    塗装職人って、かっこいい職業だなと感じました。

    • アバター画像
      By みんなの投稿

      確かに、塗装職人という職業には多くの人が漠然としたイメージを持っているかもしれませんね。しかし、実際に調べてみると、その仕事には多くの奥深さがあることがわかります。

      塗装職人には資格がある場合もありますが、なくてもその技術を身につけることができるのは驚きですね。日々の経験と努力で磨いていくという姿勢は、尊敬に値すると思います。

      また、高い給料が魅力的であることもわかりますね。親方になると、自分自身で仕事をするだけでなく、若い人たちの指導や育成も行うことができ、より大きな収入を得ることができるのも魅力的です。

      職人としての技術や知識、そしてその職業にかける情熱や努力に敬意を表します。

質問を投稿する(すぐ返信します!)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top