職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

Pタイルのメンテナンス:汚れの原因から掃除の方法、ワックス掛けまで徹底解説

全国の優良塗装会社を厳選して紹介
顧客満足度98.2%という卓越した成果
「外壁・屋根塗装の無料一括見積もりサービス」

Pタイルとは

Pタイルは床材の一種であり、主に塩化ビニル樹脂などの硬質素材を使用しています。一般的なサイズは30センチ四方のタイル状の薄い板で、成型加工されたものが「Pタイル」や「プラスチックタイル」と呼ばれています。1枚あたり数百円程度で購入でき、プラスチック系の床材は大がかりな工事が不要であるため、お客様の費用負担や職人の手間が軽減できます。そのため、さまざまな床工事で提案しやすい材料として利用されています。

Pタイルの特徴

Pタイルは他の素材に比べて汚れにくく、硬質であり耐水性や耐久性、さらに耐摩耗性に優れています。そして塩化ビニル樹脂の配合比率を変更することによって、コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルに分類されます。コンポジションビニル床タイルは塩化ビニル樹脂が30%未満配合されており、オフィスや店舗、また学校などの人が多くて土足で歩き回る場所で使用されます。一方、ホモジニアスビニル床タイルは塩化ビニル樹脂の配合率が30%以上のタイルで、意匠性が高く柄や色のデザイン性が豊富です。またコンポジションビニル床タイルに比べて柔軟性がありますので、主に家庭のキッチン、洗面所などの水周りで使用されています。そしてPタイルには塩化ビニル系のタイル以外にも、材質によってゴム系の商品もあります。

Pタイルの汚れの原因は何か?

ここでPタイルが汚れる原因について説明いたします。大きく分けて、Pタイルの汚れの原因は2つあります。一つ目は砂やホコリなどの表面に付着する汚れと黒ずみです。黒ずみとなる汚れの原因は、Pタイルを使用する場所によって異なりますが、砂やホコリなどの軽い汚れが蓄積したものや油汚れ、カビなどが考えられます。しかし、実は最も多いのは表面に塗られているワックスが劣化し、変色して黒ずみを引き起こすことです。そのため、新たにワックスを施す際には、古いワックスをしっかりと落としてから施すことで、残ったワックスがなくなり、綺麗にすることができます。

リビング洗剤

次にPタイルを掃除する場合に便利なアイテムについてご紹介させていただきます。まずはじめにご紹介するのは、中性洗剤です。実は中性洗剤を使用すれば、ほとんどの汚れを落とすことができます。中性洗剤は、弱アルカリ性や弱酸性のものが多いため、二度拭きが不要というメリットがあります。そのため、家電、電化製品、壁、フローリングなどのお掃除とともに、Pタイルの掃除もできるのです。

ワックスと関連する掃除道具

ワックスはPタイルに光沢を与えることができます。Pタイルの掃除に最適なものは、樹脂ワックスです。ワックス専用の塗り付け具がある場合はそれを使いますが、ない場合には布に染み込ませてからPタイルに薄く塗ります。ワックスの剥離剤は、ワックスを塗り直す際に必ず必要となり、古いワックスを落とすために使います。この作業を怠ると黒ずみが生じることがあります。剥離剤を使用する際には、スポンジや専用ブラシに剥離剤を付けてから床に塗ります。その後、専用ブラシを使ってワックスを落とします。ワックスや剥離剤はホームセンターで入手できます。また、古いワックスを剥離させる場合には、ブラシやナイロンたわしを使うと便利です。特にワックスはこすり落とす必要があるため、毛のコシがあって硬いブラシがお勧めです。

プラスチック系 床工事作業一級試験講座

この記事を読んで興味を持った方に、次にオススメの動画教材を紹介します。「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」という動画教材です。これは、内装仕上げ施工技能士(国家資格)の1級(プラスチック系床仕上げ工事)の試験に合格するための勉強・対策を学べる教材です。

内装職人育成.comで販売されているこの商品は、初心者から中級者向けに作られており、短時間で技術を身につけることができます。また、何度でも繰り返し確認できるため、理解を深めることができます。

ダウンロード形式で提供されているため、購入後すぐに視聴できます。この動画教材は、工務店や内装会社の教育教材としても活用できます。

ぜひ、「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」をチェックして、試験対策や技術向上に役立ててください。

「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」
 

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. キッチンや学校などに利用されてるのがPタイルとは初めて知りました。また、Pタイルの特徴も分かりましたし、汚れの落とし方もしっかり分かりました。

    私は汚れというと油汚れなどの付着したものばかりだと思っていましたが、意外にもワックスが剥がれたものだと初めて知りました。そして、ワックスの剥がれをきれいにしなければ床はきれいにならないのも知りました。

    私は職人ではありませんし、専門的な知識がなくてもここまで掃除の仕方が分かって嬉しいです。

質問を投稿する(すぐ返信します!)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top