職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

壁クロスの種類と特徴について

壁クロスの豊富な商品群について

内装材の種類を調べてみると様々な種類がある様に、壁クロスの種類を取って見てもかなり豊富な商品群が揃っています。ですので今の時代であれば床の雰囲気や家具の色調によって似合う壁紙を選択する事が出来ます。特に空間の心地よさを印象付けるには床・壁クロス・天井のインパクトはとても大きい物になります。そして更にその中でも壁の仕上げについては商品の種類やバリエーションも豊富ですので豊富な選択肢が消費者を悩ませてしまいます。また内壁の仕上げには壁クロスの他に塗壁、木、タイル、石などのバラエティに飛んでいますが、しかし一般的な住宅に多く用いられているのは壁クロスになります。この工法は石膏ボードなどの下地の上にクロスを貼って行く方法となりまして、壁クロスの素材としてはビニールや髪、そして織物などいくつかの種類に分かれます。またそれぞれの特徴を理解して提案をする事もクロス貼り替え職人の技量となりますので、お客様の満足度を得る為にも各種類の特性を覚えておきましょう。

ビニールクロスの特徴

では次に壁クロスの主な種類と特徴についてご説明をさせていただきます。先ず始めにご紹介をさせていただく素材はビニールクロスになります。ビニールクロスは何と言っても商品が豊富に揃っていることになりまして、色々なコーディネートが可能になります。例えば最近の流行と致しましては木目調を取り入れたナチュラル空間を作り、更に壁クロスの表面には表面強化をしたり防カビ処理をする工法となっております。またビニールクロスの素材としては塩化ビニール樹脂などを主としており、それに対して紙などを裏打ち処理した物となります。壁紙の種類は多くありますが、ビニールクロスは一番使用されている素材になりまして、工務店やハウスメーカーでは標準仕様となっているケースが多いのです。そしてコストパフォーマンスにおいても安価な物が多く、それでいてデザインや色のバリエーションも多くあり、単にプリント処理を施した物だけではなく、壁紙表面に凹凸があるエンボス加工をしている物や発泡させたタイプがあったり表面加工の方法によって色々な雰囲気を醸し出す事ができるのです。またビニールクロスは一般的に耐久性があり、お手入れも楽であることがメリットになっており職人の立場からしても施工しやすいので扱いやすいタイプとなっております。

紙クロスについて

次にご紹介をさせていただく壁クロスのタイプは紙クロスになります。壁クロスは洋紙のタイプや和紙またはケナフなどがあります。また一般的な紙クロスとしてはパルプが原料となる洋紙などが原紙となっておりましてプリント加工やエンボス加工を施した物が壁クロスになっておりまして、欧米では最も多く用いられいる素材になりまして、柄や色が華やかな商品が多く揃っています。尚、こうぞやみつまたを原材料としている和紙や月桃の茎から繊維を抽出してパルプに加工をした月桃紙や一年草のケナフなどを原料にしている紙クロスもあります。

布クロスについて

壁クロスの素材を選ぶ時には布クロス(織物)があります。普段あまりお聞きになった事がない方もいらっしゃるかと思いますが、布クロスの特長と致しましては温かみがあるテクスチャーが魅力となっているのです。尚、主な原料はレーヨン、合成繊維、麻や絹となっておりまして、その他にも高級感や重厚感が醸し出せますので魅力的となるのですが、その分価格は比較的高めの設定となっております。またホコリを吸着しやすい性質もありますので、手入れをする場合にははたきをかけたり掃除機を用いると良い事を覚えておくと良いでしょう。

木目調や無機質系の素材について

少し変わった壁クロスの素材と致しましては木目調や無機質の素材の物があります。これらの壁クロスは薄くカットをした天然木やコルク等を紙と一緒に貼り合わせた木質系の物や塗り壁の雰囲気を味わえる漆喰壁紙や珪藻土壁紙や、環境への配慮を駆使したオレフィン樹脂を活用した商品もあり、それぞれの素材や加工方法は多様性があります。和風テイストの部屋やシンプルで落ち着いた雰囲気を
醸し出したいと言う客先には提案ができる素材となります。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top