職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

床貼り職人の技術上達はどの講座が1番良い?

床貼りの技術を向上させたい!と切に願っても、親方や先輩などは現場で忙しくてなかなか教えてくれない場合もありますよね。また、教えてもらってはいるものの、上達するには数をこなせ!と現場中心で技術を向上させなきゃいけない場合もあります。しかし、仕事の現場では完璧さが求められますし、もっと効率良く床貼り技術を向上させたい!と思った時に利用したいのが講座です。

方法1.講座を受ける

床張りの講座でインターネットを検索すると、全国床張り協会やDIY、職人育成1ディ講座などがあります。全国床張り協会が開催する講座では合宿で床張りをするなど実践的な内容で、床張りを実際に練習する事ができます。

これらの講座に申し込んで床張りの腕を磨いていけば、仕事で床張りを学ばなくても技術は上達していきます。講座の探し方は簡単で、インターネットで「床張り 上達」など検索するだけです。

講座のメリット、デメリット

こういった講座のメリットは、実際に床張りができる点です。職人技は数をこなして慣れ、段々と技術が習得していきます。場数を増やしていけば腕は段々と磨いていけますよね。

しかしデメリットとしては、必ずしも職人向け講座という訳ではない事です。全国床張り協会はセミプロ集団で、参加条件に大工の経験生む有無は問いません。また、DIYだと職人ではなく趣味の人もいます。さらに実践的な講座だと仕事が休みの日に参加しなければならず、ある程度の自由な時間がないと参加できません。

方法2.自宅で学習する

講座に参加して実践的な練習をするのではなく、動画で技術を向上させる方法もあります。「床張り 上達」などキーワード検索すると、内職職人講座という教材が見つかり、その中に床張り職人育成講座というものがあります。

育成講座は動画で、自宅でも勉強できます。仕事終わりや休日の一部の時間を利用して学習できますし、動画で分かりやすく解説してくれます。自分のスピードで学習できるのがメリットです。

内装職人講座と一般的な講座の値段を比較

床張り職人講座が分かったら、比べたくなるのが値段ですよね。

全国床張り協会の講座は、一泊9,500円、日帰りは5,000円です。また、別の会社が運営する1ディ講座だと1万4,000円です。1回の講座でこのぐらいの値段がかかります。

内装職人育成講座の床張り職人育成講座だと、1万4,700円が9,700円にディスカウントして購入できます。一回の実践的な講座と同じぐらいか安く購入できます。

そして、安いからといって内容が充実してない訳ではありません。道具の説明や下準備など1から10まで教えてくれる講座で、初心者でも分かりやすく説明してくれます。言わば、床張りの全てが分かっての値段なのでリーズナブルなのです。

どんな会社が販売してる?怪しくない?

インターネットで講座を購入するとなると、それって怪しくないの?と販売会社が気になりませんか?そこで、内装職人育成講座を販売してる会社のホームページを調べました。

内装職人育成講座を販売してる会社は、株式会社エキスパートです。新宿にオフィスがあり、WEBサイト制作やメール配信、映像制作などをしています。大企業という訳ではなさそうですが、人材募集をしていたり様々な活動をしてる事などから怪しい会社という訳ではなさそうです。

床張りの技術を向上させたいと思ったら、仕事以外の自由な時間をどう利用するかですよね。頑張って1日費やすのも良いのですが、仕事終わりや休日の一部を使ってマイペースに勉強していくのも良いでしょう。講座はタダではありませんが、有料だからこそ内容はぎっしりと充実しています。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
(最終更新:2018年11月12日)コメント0件

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top