職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事作業の魅力と将来性について

【プラスチック系床工事のジャンル】
プラスチック系床工事の仕事と言うのは職業のジャンルで分けますと内装工の仕事となります。また内装工と言うのはどの様な職業なのかと言いますと壁貼りや天井の仕上げ、畳工事やふすま工事など幅広い仕事があります。またその中でも床部分の施工と言うのは壁貼り作業と同様にお客様の目に付きやすい部分となりますので、建築内装業の中でもとっても責任が高い仕事だと言えます。
そんな中でプラスチック系床工事の仕事は職人が持っているプラスチック系床材の知識や経験をお客様の要求に対してセンスを見せながら提案して行く事になります。

【プラスチック系床施工の魅力】
次にプラスチック系床材施工の魅力はどの様な部分になるのかと言う事ですが、実はこの時代、建築系職人のお仕事の中でもプラスチック系床材施工のお仕事はとっても人気があるのです。また人気があると言うことは魅力があると言う事にもなるのですが、具体的にもどの様な事なのかと言いますと、ビジネスとして考えた場合に需要が多いと言う事です。それと言うのも現在においては床施工をしていない建物はないと言っても良いでしょう。なのでどの内装関係の会社においても雇用が上がっていると言えるのです。また中には女性のプラスチック系床材施工を行う職人もいるのですが、それと言うのも一般的に建築系の職人と言うと足場を組む危ない仕事であったり、重い物を運ばないといけないイメージがありますが、でもプラスチック系床工事については使用する素材自体が軽いですので仕事をする事が可能となるのです。

【プラスチック系床工事職人になる方法】
プラスチック系床工事職人に憧れ、自分も目指そうとする場合にはどの様な事から取り組んでいくべきなのか、また必要な資格の様な物はあるのかが気になる部分だと思います。先ずは会社に就職をして親方や先輩について修行をしながら作業をしている段階なのであれば、特に何も資格はなくても働く事も出来ますし、お給料も出ます。またサラリーマンの方でも趣味が転じて自分の家においてプラスチック系床工事が上手くできた場合には知り合いの家の工事を行う事で、副業として収入を得る事ができるかも知れません。尚、医者や弁護士などとは違って無資格で仕事をしたからと言って、何かの問題となると言う事もありません。

【プラスチック系床材職人の資格取得のメリットについて】
既にプラスチック系床工事を行う場合には資格がなくても仕事ができると言う事はお伝えしましたが、しかしだからと言って何にも資格がないのか?ですとか、資格があって取得をした場合には何かのメリットがあるのかと言う部分についてお話をさせていただきます。実際に企業に就職をした場合には資格を目指す事で自らの技術を伸ばす事ができたり、資格を持っていた方が持っていない社員に比べて基本給が高いと言う場合もあります。またお客様に対する個人の信頼度や、技術かま高い社員を雇っていると言う事で、中には会社から資格取得の為の費用が出ると言うケースもあります。

【プラスチック系床職人の資格とは?】
プラスチック系床工事と聞くとかなり広い意味合いを持たせる職人のジャンルとなりますが、もしも資格を目指すのであればそれは『内装仕上げ施工技能士』と言う名称の資格になりますので覚えておきましょう。そしてこの資格は技能検定制度による国家資格となりますので、もしも合格する事が出来たら国(具体的には厚生労働省)から認められた職人と言う事になりますので、もしも皆様が独立をして開業される場合にはお客様からしても『この職人さんであれば大丈夫だ』と説得させられるだけの技術力があると言う代名詞にもなるのです。

【今後プラスチック系床施工に期待する事】
日本国内における住居は注文住宅を含み、それぞれ個性を持たせたデザインを考える事ができます。また商業施設についても日本人特有の細かい技術やセンスを生かしたファッショナブルなデザインが流行っています。そんな中でプラスチック系床材は多機能に優れておりますので豊富なバリエーションに飛んだ色々な商品を客先に提案出来る為に、とてもやりがいのある仕事だと思います。特に人の目に付きやすい床であるために、形に残ると言う意味でも職人のやり甲斐を感じさせる事ができます。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top