職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りの材料であるスリット壁紙の施工法

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

壁紙は次第に見映えが悪くなる

クロスは幾ら小まめに掃除していても、長年の影響で段々と古くなって、すっかり色褪せてしまいます。

照明器具のスイッチカバーやコンセントパネル周辺の壁紙が、皮脂で汚れてしまいどうしても傷んでしまうものです。

そんな時には、クロス貼りで人気の高い材料として知られている、スリット壁紙に交換する事を強くお勧めします。

用意しておく工具

スリット壁紙へと貼り交えるのに必要は以下の通りです。

ヘラ、地ベラ、撫でバケ、ローラー、カッターナイフ、ジョイントコーク、ハサミ、メジャー、バケツ、脚立、スポン

スリット壁紙を施工するのに必要な準備

ベッドやソファーは作業の妨げになる為廊下などに置いて、自由に動ける空間を作って行きましょう。

テレビやオーディオ関連は、室内の真ん中付近へと纏めて置き、シートなどを綺麗に被せて完璧に養生して下さい。

コンセントカバーや電気のスイッチ類が外せる状態であれば、全部残さず取り外して行きます。

クロス貼りを順調に進める為には、落ち着いて集中出来るエリアの確保が大切なので、忘れないように覚えておいて下さい。

コンセントパネルの簡単に外す方法

コンセントカバーを取る際には、まずマイナスドライバーをパネルと壁の間に差し込みます。

次にドライバーをゆっくり傾けて行き、ちょっとずつカバーを外します。

後はプラスドライバーを用いてネジを徐々に回して行き、本体パネルを抜き取ります。

古い壁紙取り去り新しいクロスを貼って行く

後は古くなった壁紙捲って剥がし、新しくクロスを壁へと丁寧に貼って行けば完成です。

クロス貼りは難しいものですが、事前の細かい作業も絶対に怠っては行けません。

前以て頭の中で工程をイメージしておけば、戸惑わずにスリット壁紙を楽に施工出来ます。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top