職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

床張り職人のポイント

床張りしょくには資格よりも経験が大切な仕事と言われており、近道はなく、ひたすら床張りを繰り返し経験することにより、技術が身についていきます。しかし上達は人それぞれでありますが、しっかり考えて床張りを行うことにより、上達速度は変わってきます。まずは家でもできることは、道具の名前を全て覚えて、作業工程を頭に入れることです。なかなか家で練習するというわけにもいかないので、道具の名前や作業工程などは家でもしっかり頭に入れておくことができます。例えば、あの道具取ってなどと先輩に言われて、道具の名前が分からなければ、その分時間ももったいないし、作業を遅らせてしまうことになります。家でできることは全てしておきましょう。例えば、素人二人が同時期に入り、床張り職人を目指すとして、道具の名前も分からない素人が、片方の人がすぐに覚えてくれば、覚えが早いなどと逆に褒められるでしょう。もちろん腕の方は経験によるものが大きいのですが、やはり床張りが上手い先輩、自分の中のヒーローがいれば、成長速度は上がります。あの人みたいになりたいと思い、分からないこと、できないことは積極的に聞いて、教えてもらいましょう。質問するということは、やる気があるとみなされて、株も上がるでしょう。とにかく家でできることは全て行い、仕事を繰り返し行い、床張り職人の腕を磨いていきましょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top