職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人になるために悩んでいる方に勧めたい塗装職人のススメ

<塗装職人とは>
塗装職人で、身近なのが住宅の塗装です
屋根に塗料を塗って、屋根を錆びにくくするなどの屋根が傷みにくい様に保護する為に、行うのを、良く見かけると思います。

基本的には、主に塗料を塗って保護させる目的です。
しかし、素人がこの塗装をする事は大変難しい技術が大変必要なのです。

小さい空き缶などに塗装するのとは、違って家などの塗装する面積が大きくなる程に塗装のムラなど出やすい為に、個人では屋根などの大きな物には行わないで塗装職人にお願いして、屋根などの塗装をしてもらいます。

それに塗装する場所が、「家の屋根」と言って気づいた方も多いと思いますが、素人では塗装をするのに大変危険な場所が多いです。

この為に、屋根などの危険な場所の塗装には足場などの安全に行える様に環境を整える事が必要です。

<家の屋根を塗装>
ほとんどの家の屋根に、塗装が必要です。
しかし、日本瓦と呼ばれている瓦は、基本的には耐久性が屋根の素材としては一番だと言われている程です。
日本瓦の耐久性は50年以上など耐久性が高いと言われています。

その他の屋根は、定期的に屋根の塗装を行う必要があります。
屋根の素材がセメントなどの上に塗装させて屋根に使われている場合があります。

この場合には、表面の塗装が剥げてセメントなどの瓦の素材に、水が染み込みやすくなるなどの理由から定期的なメンテナンスとして、塗装をする必要があります。

そして、昔ながらの古民家などに良く使われているのが金属屋根と言って、日本瓦の次に多く見かけます。
この金属屋根もアルミニウムなどの金属の板を使って屋根にしている為に、定期的なメンテナンスの為に屋根の塗装を行って、屋根から雨漏りなどが起こりにくい様にする必要があります。

<家の外壁の塗装>
家の外壁とは、家の外側にある壁の事です。

外壁にも、日本瓦と同じように定期的にメンテナンスが基本的には必要がないものがあります。
それは、タイルです。 外壁で使われるタイルも粘土を高温で焼く為に耐久性が高くなります。

しかし、それ以外の素材で作られた外壁には、基本的には定期的に塗装などのメンテナンスが必要になって来ます。

特に、ある程度年数が経っている家に多く行われている外壁は、モルタルが良く見かけます。
モルタルは紫外線や雨などで劣化してしまいやすい為に、定期的に塗装を行いメンテナンスする事によって、ボロボロと落ちて来ることやヒビ割れがしやすい素材がより耐久性が高くなります。

<塗装職人はどこにいる?>
家のメンテナンスの為に、塗装をしてもらう必要が出で来ると塗装職人に家の塗装をお願いする必要があります。

では、塗装職人はどこに居るのかと言うと身近にいます。
身近な場所に塗装を行っていない業者がいない場合には、インターネットで検索しても全国にある塗装を行っている業者のホームページが多くあります。

もしホームページを持っていない塗装業者であれば電話帳などで調べると分かります。

<塗装職人になるには>
まず、塗装業者が塗装職人の求人を探す事が一番早い方法だと思います。
また、未経験でも採用してもらえる可能性はあるので、そこで数年の塗装職人としての経験をしてから、転職や独立などの道もあります。

基本的には、職人の世界なので体力勝負な所・上下関係が厳しいなどの一人前になるまでは、特に厳しいと言う事は覚悟しておいた方が良いみたいです。
もちろん一人前になる前は、賃金も低い傾向の様です。

一人前になれば、専門的な技術を持っている事を求められて賃金も良くなって来る傾向があります。

しかし、塗装職人は塗装の技術が大きく左右する職業の為に学歴は関係ない様です。
その反面に学歴が低い塗装職人でも、塗装の技術があれば独立や賃金が上がりやすいのも魅了的です。

では、コンピューターなどの専門的な学校に入学すれば塗装業者に塗装職人として採用されやすいと考える方もいると思います。
しかし、それについては意見が分かれる様です。
その為、塗装職人になりたい方の大半は現場で一人前になるまで修行を積む事が多い様です。

<塗装をする種類も様々>
塗装1つについても、様々な種類があります。

まず、家の印象を決める外の壁を塗装。
これには、専門の機械を使い壁に塗料を吹き付けて行きます。
その種類も様々で、大理石の風合いに似せた塗装の方法やタイルの様な模様に似せた塗装など、同じ壁に塗装を吹き付ける方法だけでも数種類以上の種類があります。

その他にも、ローラーやハケを使って壁に塗装をする方法もあります。

しかし、これらの方法を素人がすると、塗装の厚さにムラが出来やすい事や仕上がりに違いが出て来てしまいます。
この為に、どの様に塗料や道具を使う技術も塗装職人に求められるのです。

<塗装をする目的も様々>
ただ単に、塗装をして紫外線や傷などから守るだけではありません。

塗装をする事によって、色や塗装の質感を変えられる事によって塗装する物のイメージが大きく変わり、目的に合ったデザインにしやすくなります。

簡単に言うと、看板などの塗装が一番分かりやすいと思います。

そして、防水の為に塗装をする必要もあります。
例えば、建物の屋上など雨水などの水が建物に染み込みやすい場所には、水によって建物などが劣化しない様に、防水に効果が大きい塗料を使って塗装する必要があります。

<こんな事も塗装で出来る>
夏場など暑い日には、どうしても家の中まで暑くなりやすいです。
しかし、屋根に塗装をする事によって暑さを抑えてくれる塗料があるのです。

太陽からの赤外線を反射するなど太陽の熱をうまく逃がして、熱を持ちにくい様な塗料です。 この塗料を使って屋根に塗装する事によって家の中が涼しくなり省エネにつながると言った機能を持つ塗料があります。

家などを長く保つ為に防カビや壁にひび割れがしにくいなどの機能を持った塗料がありますので、家を快適で長くキレイに保つ為には欠かせないです。

<こんな事にも塗装職人が必要>
住宅の他にも、塗装が必要な場面は数多くあります。
例えば、マンションの防水の為に塗料を塗る仕事など大きな建物にも、定期的なメンテナンスの為など、塗装が必要な場面は多くあります。

その為に、塗装には多くの経験や技術が必要になって来ますので、住宅だけをする塗装職人などの考えに囚われなければ、塗装が必要な様々分野で活躍しやすい職人なのではないかと思います。

<塗装職人に必要な事は?>
塗装職人に必要な事は、一番に体力です。
塗料が入った缶も内容によって異なって重さも異なりますが、15キロ以上の缶を持つなど重い物を持つ事が必要になって来ます。
また、夏場の炎天下の中でも作業をするなど天気にも大きく関係する仕事です。

そして、塗装職人のほとんどの場合には、塗装をしている所を見ながら自分で技術を習得するなどの努力が必要になります。

職人の世界の為に、上下関係なども厳しい事も多いので根性がある方など、ガッツがある方には向いています。
(実際には、その会社などによっても雰囲気によっても大きく異なります。)

もちろん、塗料の知識も必要です。
塗料も進歩していますので、それに合わせた知識や技術が必要になって来ますので、日々勉強をしていく必要があります。

そういった日々が、塗装職人に必要な技術を向上させて経験を積む事で様々な場面でも塗装職人として必要な人になって行きます。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

「ダイノックシート 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

「床張り職人 育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

「プラスチック系 床工事作業一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

「塗装職人講座」を今すぐ自宅で学ぶ

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top