職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

内装屋上達!クロス貼り替え職人になるために

クロス貼り替え職人の魅力とは

クロス貼替えの仕事はこれから、間違いなく需要の高い仕事になります。その結果、しっかりとした信用の積み上げや、実績、技術力を高めていけば収入はうなぎ登りになれる非常に魅力的な職業です。
醍醐味は、一生涯働けることにあります。サラリーマンのように定年退職というのがないため、しっかりと経験と実績、そして顧客とのつながりが続けば、収入に困るという事が無くなるのです。だから、このクロス貼り替え職人になりたいと切望する人が、今、続々増えています。クロス貼り替えとは、家の中の壁や天井にクロスという貼り紙を綺麗に貼って施行する方法のことをいいます。
このクロス貼り替えは、非常に高度な技術を必要とします。失敗が許されません。正に一発勝負です。のりを塗り、壁とクロス専用の紙とが貼り付く前に綺麗に仕上げる必要があります。その前の作業工程においても、古い壁紙を剥がす作業から、しっかりと寸法を合わせ、新しい壁紙を貼り付けるところまで、下準備から完成まで、気を抜く事ができません。
もちろんプロとして工賃を頂いている以上、サラリーマンのような感覚とは違うことは知っているかもしれません。が、手に職をつけ、稼ぐということはそういうことです。
しかし、高度な技術は誰でもやれるわけではないので、この技術を熟練すればするほど、あなたに職人としての付加価値がつき、経済的にも精神的にも充実した生活を送れるようになるのです。

収入はどのようになるのか

一番気になるのが収入面かと思いますが、平均的なサラリーマンよりも多い印象を受けます。経験値や技術力にもよりますが、平均で30万から40万円が毎月の収入となります。
この場合は、親方と呼ばれる職人さんの下で働いた場合となります。
たとえば、あなたがクロス貼り替え職人として、独立し、自営業として生業したとき、どうなるのでしょうか。それは、非常に明るい未来が待っているかもしれません。
結論から言いますと、収入は、顧客がいればいるほど、増えます。中には毎月に何百万円と稼いでいる人がいるくらいです。高い技術力と、顧客をしっかり持っていることが、収入をうなぎ登りにするためのヒントです。
実は、今、このクロス貼替えが、世間では求められている傾向にあります。
高い費用をかけてリフォームをするよりは、天井や壁などを貼り替えて綺麗にすることで、
見栄えとコストを下げて家に変化を加えたいという家族が増えているのです。
だから、クロス貼替えという高い技術をもった人が求められています。
人の集まるところにお金が集まるのは当然です。クロス貼替えをしたい世帯が今、集まっているという状況が今です。
クロス貼替え職人にとっては、喜ばせる対象がたくさんいるだけでなく、その見返りの収入がかなり期待できるという見える未来が待っているのです。

どのような仕事内容か

仕事に関しては、必要な工具、のりつけ機があればすぐにできます。下準備として、顧客の求めている貼替え箇所はどこなのかをしっかりとリサーチし、顧客の要望を聞くところから始まります。現地調査です。
満足できる仕事をして、相手が喜んでもらえるような仕事をするためには、決して抜かすことが出来ない下準備です。
次に、材料の調達です。ただ適当に壁紙や模様のあるものを選ぶだけでは足りません。
材料を買うにしても、無駄な支出を出してはいけません。実際に現場で作業をするときに、
材料が多かったり、逆に少なくなったりするのでは、信用問題につながりますので、しっかりと計算しながら取組みましょう。ある程度、学校教育における数字が分かることは、クロス貼替え職人として仕事をするためのメリットとなります。
その後は、実際に作業に入ります。が、壁等によっては障害物がある場合があるので、その際は、それを移動させるところからスタートします。
まずは、古い壁紙を剥がします。カッターナイフで、薄く丁寧に剥がすわけですが、その際に、下地を傷つけることがないように切って剥がしていきます。
全て剥がせたら、次は、新しい壁紙を貼ります。が、ここからが職人としての腕が求められる時です。スピードと技術力が重要です。新しい壁紙に糊を塗り、下地とあわせながら早急に接着させていきます。接着させる壁等は、決して平坦ではありません。時にボコボコとしている箇所があったりするため、そのためのテクニックを駆使擦る必要があります。
下準備、施工、完成と大きく分けて3つの作業工程がり、そこを深く掘り下げると気を抜く事ができない、まさに職人としての技量が求められる数々の場面があるということです。

どんな知識が必要か

必要な知識は現場で覚えるという言葉のとおり、仕事をしながら、その使う道具の意味や言葉、そして、工程を学ぶ必要があるのです。
常に現場という本気の環境の中にしか、リアルな答えはないということです。有機溶剤を使うので、ある程度資格取得は必要かと思います。そういった専門的な知識の積み上げを頭に叩き込みながら、現場にその意味を落とし込んでいく感じです。

クロス貼り替え職人になるために

一般的に、親方と呼ばれる人のいる会社で修行を積むのが一般的です。早く収入が欲しくて独立をしたくなってしまいたい衝動も分かりますが、まず大切なのが、出来る人に教わることです。高い技術を学ぶだけではありません。その時の仕事の全てを盗むことが大切です。
クロス貼り替え職人として必要なスキルだけでなく、顧客とのお付き合いの仕方も学ぶ事が大切です。もし、収入を常に高くしたいと考えているのなら、集客方法もしっかりと学ばなくてはいけません。お客がいて初めて収入に繋がるからです。
集客、施行技術など、たくさんの蓄積されたノウハウを持つ存在は、その道にいるプロです。それが親方です。

まとめ

クロス貼り替え職人は今後、ますます需要が高く、そして未来の明るい職人仕事です。
たくさんの技術やノウハウを学び、もし、独立をめざすのであれば、それは高い信用とたくさんの収入に恵まれることになります。
そうでなくても見習いから出世し、認められたら、サラリーマンの時では稼ぐ事ができなかった素晴らしい収入が待っているのも、このクロス貼替え職人の醍醐味ではないでしょうか。
あなたがもし、クロス貼替え職人を希望しているのなら、是非、まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

「クロス貼り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top