職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

内装工上達 クロス貼り替え職人になるために

職人になるために必要な8つの知識とは

今、クロス貼り替え職人という職業が熱いです。リフォームという需要を抑え、多くの顧客のニーズが、壁紙などの貼替えを行って、自宅の様相を変えようとする意識に変化していきました。
クロス貼り替え職人が求められている理由はそこに集約されます。
あなたがもしクロス貼り替えの技術を習得し、職として働く糸口を見つけられたら、こんなに人に喜ばれ、その対価として収入が期待できるものは未だかつてないのでは。と思うかもしれません。
そのクロス貼替え職人としての仕事の魅力を語る前に、まず必要な知識を落とし込んで行きましょう。
クロス貼り替え職人としての仕事は、専用の工具と電話一本があればすぐにできるほどに、入り口は広いです。
1つ目の知識は、道具です。クロス替えに必要な機材、道具、その他実際に現場で役に立つ道具などがあります。
2つ目の知識は、下地です。下地についても種類が6種類あり、その特性にも違いがあります。もちろん、特殊なケースもあるので、それについても知識として学びましょう。
3つ目の知識は、障害物です。貼り替えをするに当たり、障害物の外し方も学ぶ必要があります。たとえば、天井の電気プレート、火災報知機、クーラーなど色々あります。
実践編として4つ目の知識が、壁紙の外し方です。カッターで薄くはがす方法、その他、実際の現場での切り込みの仕方、テクニック、コツというものを学びます。
5つ目の知識は、下地の処理方法を学びます。パテの塗り方や段差のある箇所を、どのように埋めるのかまで、しっかりと学ぶ必要があります。
6つ目は、寸法の測り方になります。ここは非常に重要です。この測り方の違いが、あなたの仕事の質や効率性を生みます。測り方如何で、材料の量を考える事ができるからです。
7つ目が、糊の作り方やノリツケ機の使い方になります。下準備から糊と水との割合、かくはん機の使い方など、ここは非常に重要な知識です。
最後の8つ目が、天井やハリの貼り方となります。
以上、大きく分けでも8つの知識をまずは学ぶ事が重要です。とはいえ、机上の理論も大切なことですが、実際に現場でやりながら学ぶ事が一番大切な職人としていき方ですので、しっかりと親方の下で働きながら取り組む事がもっとも効率の良いやり方です。

クロス貼り替え職人の魅力は

魅力は、一生涯、働けるということです。定年はありません。しかも、。需要があるので、集客さえ失敗しなければ、仕事に困ることはないでしょう。このクロス貼り替えという仕事の醍醐味は、それだけではありません。技術力を極め、たくさんの人の家を貼り替えれば貼り替えるほどに、たくさんの「ありがとう」といった感謝の言葉をもらえます。
まさにやりがい・生きがいがるのがこの職業です。

クロス貼り替え職人のお給料は

給料については、ピンからキリと幅が広いのが現状です。
まだ見習いとなって、親方のところで働いている環境であれば、年収は200万円前後という口コミがあります。ただし、技術力を高める期間は早く習得できるのがこのクロス貼り替えですので、早々に給与面はアップすることが期待できます。
アップすると、月収で30万円以上という結果があるように、年収でも450万円近くまで跳ね上がるのです。
ただし、それは、親方の下の話です。もし、認められ、独立することを前向きに県としているのなら、それは、さらに稼げるという未来が待っているのです。
月収げ100万円という夢もつかめるかもしれないほどに、やればやるほど稼げます。
うなぎ登りに給与を上げるためには、高い技術力の他に、営業力、集客力といったものが問われます。つまりは一人の経営者になるので、そこは、サラリーマンのようには、スムーズにいかない事はご了承下さい。

どうすれば効率的に技術を学び、出世できるのか

クロス貼り替え職人として出世するために必要なのは、高い技術力はもちろんのこと、もし、そこから独立するのなら、やはり、営業力と集客力などです。自分自身の力で仕事を取ってくるイメージです。
ほとんどの人が、そういった方法を知らないと思います。もし、サラリーマンから職人になったのならなお更です。
そこで、効率よく出世する方法をお伝えします。
それは、親方の下でまず、1年以上は働いてみることです。
なぜなら、親方自身が、その方法の全てを知っているからです。
営業、集客、施工方法など、経営に関わるすべてのノウハウを持っています。
効率的に学び、そして出世するための一番の方法は、「親方」の下で働くことです。

仕事内容とは

仕事の内容を説明します。
まずは、現地調査といって、顧客の自宅に上がり、実際に施工したい場所を把握するところから始まります。熟練すると、施工箇所を見るだけで寸法やバテの量、材料の種類までを
瞬時にイメージする事ができるようです。
現地調査では、顧客のニーズを引き出すところから始まります。どの場所を、どのようなイメージの中で貼り替えてもらいたいのかを、しっかりと話し合います。
それが終わったら、次は、材料集めです。
必要な機材と材料、バテ、糊などを準備します。この時点では、既に、貼り替える部分の寸法を測っているので、ある程度の下準備品の内容や量を把握できています。
そして、すべてがそろったら、実際に施工開始となります。まずやるのは、障害物の移動です。天井や壁に付属されているものや、壁に設置してある机などを移動します。
次に古い壁紙を剥がします。その剥がし方は、カッターナイフで丁寧に、下地を傷つけることがないように切っていきます。
その後は、下地の処理を行います。下地にバテを塗っていきます。
綺麗に塗った後は、新しい壁紙に専用ののりつけ機で糊を塗りつけ、壁に貼るのですが、ここが最も重要で、失敗をしてはいけない部分です。
スピードとテクニック、経験で培った技術力を用いながら、のりが乾かないうちに貼り付けます。ムラの出ない完璧な仕上がりを必ず行います。
異常が大まかな流れです。

こんなに魅力がいっぱいクロス貼り替え職人の展望とは

高い技術力を、質の良い親方の下で学び、経験を積んだ後に独立するのが、もっとも未来が明るくなる流れになるかと思います。
もちろん、高い技術を売りにして、親方の下でずっと働く方法もいいと思います。
いずれにせよ、このクロス貼り替え職人の仕事は、未来が明るいです。
相手のためにいい仕事を完璧にこなす。という意識の中で、しっかりと働くことをおすすめします。
高い技術力を身に付け、たくさんのお客様からありがとうを言われる、そんな生きがいのある仕事が、クロス貼替え職人です。

「クロス貼り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top