職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼り替え職人になるために

【クロス張り替え職人とは何か】
今後、思わぬ給与の削減や解雇など、たくさんの予期せぬ金銭面のトラブルが起こりうる世の中で、あなたはどうやって仕事の面を切り抜ければいいのでしょうか。
家族がいる人も、そうでない人も、「生きがいのある」仕事をしてみたいとは思いませんか。
そこで今回ご案内するのが、クロス張り替え職人という仕事です。
 職人と聞いて、なんとなくあいまいなイメージしか持てない人のほうが多いという意見をよく聞きます。
 そこで、この今話題のクロス張り替え職人の魅力や収入、今後の展望をお伝えします。
現在、リフォーム業界が飽和状態を迎えつつあり、世は住宅ローンという方法で誰もが夢のマイホームを手に入れる時代になりました。もちろん、マイホームという考えではなく、新たに、壁紙や天井等の張替えをしてコストを抑え、見違えるほどに素敵にしようという意識へと変わりました。
 その壁紙や天井を張り替えるのが、クロス張り替え職人です。
非常に優れた専門知識と技術がなくては、仕上げる事ができません。たとえば、DIYで趣味的にクロスを張り替えた事がある人はいるかもしれませんが、あれほど、難しいものはありません。失敗は許されず、かつ、スピーディで正確性を求められる仕事のため、熟練した人でなくてはできないのです。
 逆に言うと、他の人ができないことを、あなたが出来るようになった時に、それは、顧客がお金を払ってでもやってもらいたいことです。しかも、これからも需要が高いので、次々と顧客が生まれた結果、もらえる収入はうなぎ登りになることが期待されるのです。
 
【クロス張り替え職人は稼げるのか】
 若いうちから職人として親方の下で働くなら、年収はだいたい200万円前後です。熟練し、仕事量が増えたら、熟練度に合わせて、月収も30万から40万と跳ね上がります。
 さらに、ここから下積みを経験し独立したらどうなるかというと、サラリーマンでは絶対にもらえないほどの収入が期待できます。
 集客をし、仕事で結果を出し、そして、その見返りとして工賃を頂くからです。
顧客をたくさん囲い、そして、満足をさせた分だけ、稼げるのです。
 クロス張り替え職人は、熟練度を上げ、独立という目標を達成すれば、収入も上がり続けます。またもっと魅力的なことに、定年退職はありません。
 あなたは一生涯働く事ができるのです。体が動く限り、ずっと働ける魅力的な仕事が職人業であり、その職人として生き方の一つが、「クロス張り替え職人」です。
 稼ぐことのできる仕事で、また、やりがいがあって楽しい仕事は他にもあるかもしれませんが、今、あなたがこのお話を読んでいる限りにおいては、もしかしたら、チャンスかもしれません。
 もし、クロス張り替え職人に興味があったらぜひ、調べてその魅力を感じてください。

【職人として生きるための原則とは】
 会社に雇用され、その中で時間を拘束されながら、毎月決まった給料をもらう従業員という生き方とは違い、職人という仕事は、あなたの技術が全てとなります。
 知識は自ら積極的に学び、技術は親方や先輩から盗むといっても過言ではありません。
誰かが教えてくれるというのではなく、自分で仕事を掴むイメージです。
 なんだか大変そうだ。そういう意見をもらいそうですが、大丈夫です。大切なのは、その仕事を好きになれるかどうかです。
 もし、手先が器用でかつて、喜ばれた経験があったり、もしくは、実際に壁紙を家で張り替えた事があったりと、少しでもそこに喜びを感じる事ができたのなら、あなたは、クロス張り替えの才能を持っている可能性は否定できません。
 誰でもできるわけではありませんが、時間と経験、没頭する意識があれば、できるようになるのが職人技術というものです。
 あなたの意識です。昔、プラモデルやゲームなど没頭した趣味はありませんでしたか。
あっという間に夜になって、気づけば夕食になっているなど、そんな感覚です。
 人様の古い壁紙をすっかり綺麗に張り替えたとき、その達成感に自己満足したのも、つかの間、さらに顧客が喜んでくれる瞬間をしっかりとイメージできたら、職人業は、あなたにぴったりかもしれません。

【脱サラしてクロス職人になるために】
 ここまで話をしてきますと、よし会社に辞表を提出してすぐにでもクロス張り替えで生きていこうと、勢いで思ってしまうかもしれませんが、そこは、まず一呼吸です。
 なぜならクロス張り替えを生業とするなら、まずは、現場の声に耳を傾けるべきだからです。やったこともない、もしくは、目で見ただけなどといった人がクロス張り替え職人になれるかというと、それは無理だからです。
 たくさんの知識を得ることはできますが、本当に重要なのは、現場での仕事力です。
絶対に失敗の許されない結果を問われる作業です。生の現場では、色々あります。下順便のために、顧客とどのような会話をして、調査をしているのか。それに伴って、どのような材料をどこで、手に入れているのか。その後、職人たちがどうやって作業をしているのか。さらには、集客の仕方から、お金の動きまで。やることに枚挙がありません。
 しかし、焦ることも心配もありません。全ての答えを知っている人がいるからです。
その人が、親方と呼ばれる先輩たちです。独立の前にまずは、親方の下で働くことをオススメします。そして、知識、作業方法、集客など、先人たちが知っている、やっているノウハウをしっかりと見につけた状態で、独立を考えたほうが、一番効率がいいのです。
 
【クロス張り職人の口コミ、実践者の声を聞こう】
 ネット等で調べてみますと、クロス張り替え職人になって、本当によかったという意見が多いのが印象的でした。技術力については、しっかりと見につけて2〜3年ですぐに独立する人がいたり、10年以上働いてから独立するなど、人によって違うようです。その違いには色々あるようですが、いずれにしても、熟練すれば、早い段階で独立は可能ということになります。
 
【まとめ】
 これからの時代において、確実に需要のあるクロス張り替え職人という仕事は、あなたの人生にきっと生きがいをもたらすことでしょう。
 この仕事が合っているのか。それもとも合っていないのか。それはやってみなければ分かりません。すでにあなたはこれを読み、興味を持ちながら読み進めているはずですので、
まずは、第一歩を踏み出したことになります。
 あとは、さらなる一歩を踏み出して、やりがいあるクロス張り替えという仕事に進んでみませんか。

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top