職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

壁装作業の重要部分と昨今の一級試験講座の勉強方法について

壁装作業の重要部分と昨今の一級試験講座の勉強方法について

皆さまのご自宅の中にも必ず一箇所は壁紙があると思います。普段当たり前に見ている壁紙や家の中の内装ですが、これらは全て内装業専門の職人さんの手がないと完成することができません。また注文住宅を建てる方にとっては壁紙と言うのはこれから生活をする部屋の雰囲気作りには欠かせないアイテムとなりますので、楽しみの1つでもあります。また最近では女性の方でも壁装技士を目指している方も多いと言うことですので、そう言う場合には塗装作業一級試験を受けられることをお勧め致します。この資格を取ればご自宅でも綺麗に壁紙を貼ることだってできる様になりますし、転職をしてお仕事にすることだってできるのです。ですので今回は壁装作業技士になるための心構えやどの様なことを勉強すれば良いのかについてのお話をさせていただきます。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ
【壁装技士の心得とは】
一見内装業や壁装業は慣れれば簡単だと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は子供の絵の具遊びとは違いますので、とても奥が深くてそんなに簡単な物ではないのです。先ず壁装技士のプロの心得と致しましては『一流の壁装のプロは下地処理にこだわる』と言う定説があります。これは実際に内装業の壁紙を貼る仕事をしている仕事をしている人達に聞いてみると『上手く壁紙を貼る作業の7割は下地の作業である』と力説している人が殆どなのです。それだけ下地の仕上がり度合いによって壁紙の出来具合が違ってくるのです。ですので言ってみれば下地とは上手く壁紙を貼るためのバロメーターとなるベースの様な物なのです。

【下地の大切さについて】
壁装業に携わるに当たって下地が大切だと言うことはよくご理解をいただけたかと思います。ですので下地をいかに平らで滑らかに仕上げられるかによって、いつも私たちが何気なく外目で見ている壁紙の外観が綺麗に見えるのです。また下地は全ての壁に対して同じではなくて実際に壁紙を貼る壁によっても必要となることが違って来るのです。具体的には釘や下地のつなぎ目などを平らにしなければいけませんので、パテと呼ばれる素材を使って凹凸を無くすために滑らかに塗っていきます。また下地から釘が出てしまっている場合には面から打ち込んで凹凸ができない様に平らにしておかなければなりません。そして次にヤスリをかけて更に滑らかな下地になる様にしなければなりません。因みにプロの技とは下地に凹凸が無くなるまでこの作業を繰り返すのです。そして平らになった下地に壁紙が貼りにくい場合には壁紙が貼りやすい様に下地の素材によって方法を変えて行かないとなりません。そう考えると内装職人にとっていかに下地作りが大切なのかと言うことが分かります。

【脱サラし後に壁装作業を学ぶには】
この様に壁装作業には奥が深く、見た目ほど簡単ではないことはご理解いただけたかと思います。
偶に『自分は器用だから大丈夫』と言って見よう見まねで壁紙を貼ろうと思った方が失敗をしまったと言う失敗例を何通りも知っています。素人では難しくそれだけ困難な技術が必要な仕事だからこそ脱サラをして壁装作業を勉強しても、ある程度の技術を手にすれば十分仕事として確立できる可能性があるのです。実際に脱サラをして壁紙を貼る技術を勉強して技を磨き、独立したと言う方は何人もいます。また建築や壁装業で現在は違う仕事をしているのですが、業務を拡大して壁装業を行って売り上げをアップしている会社もある程なのです。またその一方で『壁装業とはどんな事をしたら良いのか』と分からない方もいらっしゃると思います。ですので昨今では壁装の方法について分かりやすい動画の教材も出ておりますので、何をすれば良いのかと言うことが分かりやすくなっています。そして昭和の時代には職人と言うと師匠に弟子入りをして年単位で修行をしないと一流の壁装職人になることができませんでしたが、昨今ではインターネットの技術向上に伴って動画サイトなどで簡単に分かりやすく勉強することができるようになっているのです。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

【質の高い壁装職人とは】
次にこれから壁装職人を目指している方のために、質の高い壁装職人とはどのようにして勉強をして行けば良いのかと言うお話をさせていただきます。基本的には日々の壁装技術を向上させながら定期的に開催される勉強会に参加することで同業者とのコミニュケーションを計りながら情報収集を行なって行くことをお勧め致します。また壁紙を貼る作業についても色々な業者がありますが、ハウスメーカーから依頼がある壁紙職人と言うのはハウスメーカーが中間マージンを取りますので職人への収入が少なくなってしまいます。ですので質の良い壁装職人とは建築家から直接依頼があって仕事を依頼される方のことです。建築家の方は自分のこだわりで素敵な家を作ろうとしますので、関わる壁装職人に関しても質の高い職人を使おうとする傾向があります。その為には壁装職人もより高い技術力が必要となってきます。

【1級壁装技士とは】

では1級壁装技士とはどの様なメリットがあるのかと言うことについてお話をさせていただきます。既に現場に出て何年か壁装の仕事で働いている方や、実際に壁装を行なっている方については更にご自分の壁装技術を向上させて更に専門的な仕事にチャレンジしたいと考えている方もいると思います。ですので今までに壁装業の仕事を7年以上行ってきたと言う方はぜひ国家技術検定を受けられることをお勧め致します。これはどの様な内容なのかと言いますと、実際に壁紙を貼る試験となります。上に記載をした通りに下地を作る部分から壁紙には布壁紙やビニール壁紙などを貼る内容となりますが、いかに綺麗に壁紙を貼ることができるかが決め手になります。因みに試験となりますので壁紙を時間内に貼れないと不合格になります。でも頑張って試験に受かることができれば1級壁装技士の資格を取得することができますので、お客様に対してシンプルに腕の良い壁装職人だと言うことが分かってもらえます。また1級壁装技士の資格を持っていることでそれが皆さまの強みになりますので壁紙を貼って欲しいと思っているお客様に対して例え個人だとしてもこの資格さえあれば売り込むことができるのです。また壁装の仕事を行ってまだ7年以下だと言う方の場合には1級の他に2級もありますので、ぜひステップを踏んで最終的には1級を目指していただきたいと思います。

【壁装作業 1級試験講座を学ぶには】
ではこれから壁装作業 1級試験講座を学びたいと考えている方は具体的にどの様な勉強をして行ったら良いのかと言うことですが、現在では1級壁装技士の試験を受けるために必要な技術を動画で勉強できる教材があります。ですので一昔前とは違いまして、基本からきちんと学ぶことができますので間違えた勉強方法を正すきっかけになります。ですのでぜひ1級壁装技士の教材で学びながら実技の練習を重ねることで1級壁装技士の試験をパスしていただきたいと思っています。ただ実際には自分の趣味の範疇で、仕事にまでしなくて良いので素人の方でもこれから少しずつ壁紙を貼る技術を一から勉強して行きたいと言う方や、1級壁装技士の試験は受けないと言う方でも、これらの教材は十分に利便性を発揮することができる貴重な教材だと言えるでしょう。特に動画であれば本とは違いまして実際に壁紙を貼っている作業内容を確認しながら理解することができますので、効果的に短期間で壁装職人の技を習得することができますので、壁装作業 1級試験をパスできる確率もグンと上がること間違えないでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

Return Top