職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人の仕事内容と必要な技術について

【塗装職人の存在意義】
皆さまは塗装職人と聞いてどの様な事を想像されますでしょうか?今や当たり前の様に立ち並んでいる高層ビルや住宅ですが、いかなる建物でも塗装作業は欠かせないものとなります。それは外壁や内壁、屋根や床などにペンキを塗って見た目を美しく彩ったり、また最近の塗装技術では紫外線や湿気などからのダメージを守る為に塗装される役割を求められる機能性塗料で建物を彩る意味合いを持たされる場合などもあります。尚塗装作業は自分が行った作業が目に見えて分かりやすいので、社会貢献の他に家族や友人にも理解されやすい職業となるので存在意義としては欠かせない物となるのです。

【塗装職人の仕事の内容】
では次に塗装職人の仕事の内容についてお話をして行きます。塗装業で働く建築塗装工のメインの仕事と致しましては建築物にペンキを塗る作業となります。また新築物件については塗料を混ぜ合わせて色を作り出して内壁や外壁などの指定された部分を塗って行きます。そしてリフォーム物件の作業時には新しいペンキを塗る前に古い塗料や傷を落とす作業も必要になりますのでその為の技術を覚えていく必要もあります。

【塗装箇所の種類】
では塗装箇所の種類はどの位あるのでしょうか?ちなみに建設塗装工の仕事と言うのは全て同じではなくて塗装を行う箇所によって異なって来ますので、それぞれによって使う技術が異なってくるのです。ですので下記に主な塗装箇所についてご説明をさせていただきます。
先ずは外壁塗装についてですが、建築塗装工のお仕事の中で一番多い現場と言っても良いでしょう。また作業内容としては下塗り、中塗り、上塗りの順番で
塗装を行なっていき、場合によっては吹き付けなどで模様をつける技術も必要と
なります。またリフォームで塗り替えを行う時にはホコリやコケ、ひび割れ等の壁の状態を分析してそれぞれに必要な下処理を行いますのでその技術も習得する必要もあります。
また屋根作業では直接紫外線の影響を受ける部分なので劣化が激しい場所となるので、屋根塗装を行う場合には防鯖性や防水性、遮熱性、断熱性を重要視する必要があるのです。
そしてベランダ塗装では雨水にさらされる事が多いですので、劣化が進むとヒビができたり水溜りができてしまう事があります。ですのでコーキングの劣化や防水性の低下、塗装の劣化や腐食などが予測されますのでこれらの状態にあった処置が必要になります。
尚、鉄部塗装については塗料をが剥がれてしまった状態を放置しておいてしまうと腐食や錆が進行してしまいます。ですので一番最初に『ケレン』と呼ばれる錆落としを入念に行った後で錆止め、中塗り、上塗りの工程作業が必要になりますので知識と技術が必要となります。

【塗装職人として働くには】
上記の事で塗装業の必要性や習得すべき技術がどの位あるのかが大体お分かりになったかと思いますが、では塗装工として働いていくにはどうしていけば良いのかと言いますと、塗装工は言ってみれば広く扉が開かれた職業の一つになるので基本として資格や学歴、年齢などの条件は不問となります。しかし職業訓練学校で塗装工を専門とした就職支援プログラムがあったり塗装に必要な技術を学べる専門学校があったりもしますので、その様な施設でスキルを身につけておくと良いでしょう。またキャリアについては先ず塗装会社やリフォーム会社、また建築会社等に塗装工の見習いとして就職する事が一般的になります。何より一人前の塗装職人になるには現場で実務を重ねる事が大切ですし近道となりますので色々な現場にチャレンジをして技術や専門知識を身につけておくと良いでしょう。

【塗装職人の心構え】
最後に塗装職人の心構えについてお話を致します。塗装職人の現場は大抵屋外が多いですので夏は暑くて冬は寒い場合が殆どです。しかも塗料や道具など重い物を運ぶ場合が多いですので体力を使う仕事です。しかし少しずつ経験を積んでいけば技術は確実に上達していきますので、やりがいを感じられる様になっていくでしょう。またキャリアを積んだ後は独立をする人も多いですので夢がある仕事だと言えます。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top