職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事作業の技術上達情報

プラスチック系床材とは

プラスチック系床材とはどの様な物か?と言う質問をいきなりされてパッと答えられる方もそうそういないと思います。
プラスチック系床材とはどの様な物かと言いますと、近年のプラスチック開発によりまして以前から使用されていたリノリウムやゴムタイルに代わり、1960年位からプラスチックタイル(俗に言うPタイル)が開発されてきました。具体的にプラスチック系床材にはどの様な魅力があるのかと言いますと、1995年あたりに新材料として使用されていたリノタイルやアスファルトタイルに比べると色が鮮やかであり汚れにくいので掃除がしやすく、何よりも安価ですので劇的に普及した事が印象的です。
特にこの事に目をつけたアメリカのアームストロング社を中心とした海外の会社が機能性に優れたカラフルなプラスチック系床材を製造し、日本にも輸入され始めたのです。

プラスチック系床材作業の仕事内容

ではプラスチック系床材作業とはどの様な仕事なのかと言う事ですが、全般的に床仕上げ系の工事につきましては工種としては内装業の仕上げ工事に含まれています。ですので天井の仕上げやクロス貼り、畳工事、ふすま工事などと同列で建設工事の終盤を担う物となり、仕上がりを左右するとても大切な仕事の一つなのです。ただ一言でプラスチック系の床工事と言っても用いられる素材や工法は異なりますので、作業方法を深く理解した上で空間デザインと機能面を考慮して施工を行うのでとてもやり甲斐のある仕事だと言えるのです。また床系の施工については床表面だけでは無く必要に応じて下地を作ったり整えないといけない場合もありますのでしっかりと前処理や基礎知識も学ぶ必要があります。

プラスチック系床材が使われている場所

少しずつイメージが湧いてきたかと思いますが、具体的にどの様な場所でプラスチック系床材が使用されているのかと言いますと、防水性や防汚性の良さからオフィスの廊下やプール、浴場などが多く、滑りにくさなどの機能面を重視した材料は昨今では住宅でも使用され始めています。この様な事から分かる通りプラスチック系床材施工のお仕事は私たちの身の回りに精通しているとても影響力が高い仕事になるのです。

プラスチック系床材作業の魅力

数ある内装工事のお仕事の中でも床材施工は重要度がとても高い位置にある事が特長になり、普段私たちは意識をしていませんが、プラスチック系床材施工をしていない箇所は無いほどに密に接しています。また作業員からする魅力と致しましては安全であり快適環境の中で仕事ができると言う事と、施工面積が広いので見た目でも作業後の充実感が感じられやすい部分となるのでお客様からも喜ばれやすい仕事となるのです。

必要な資格について

ではこんな魅力に溢れたプラスチック系床材施工のお仕事ですが、未経験でもできるのか、また必要な資格はあるのかと言う事ですが、実は床仕上げ工事に携わる為の必要な資格などは特にございません。なので道筋としては床仕上げ工事を手がけている会社や職人の元で学んで一人前になっていくのが一般的です。また床仕上げ工事に関係する資格と致しましては『内装仕上げ施工技能士』と言う技能検定制度に準じた国家資格があります。この資格は厚生労働省が認定をしている技能士試験の一つになり、内装業仕上げを6つに分類しておりその中にプラスチック系床仕上げ工事作業に関する物もあるのです。それぞれについて1級〜3級の3種がありまして、2級以上については受験資格として実務経験年数が定められています。(但し学歴によっては不要な場合もあり)ですので先ずはプラスチック系床工事作業技術向上の登竜門となる3級を取得し、経験を重ねて技術が向上した後で2級や1級を目指してみると良いでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top