職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

板金塗装職人の魅力と技術力アップについて

板金塗装職人の仕事内容について

皆さまは『板金塗装』と言う言葉を聞いた事はありますでしょうか?初めて聞くと言う方にとっては『板金塗装と何なのだろうか?』と疑問に思うかも知れません。ですのでご説明いましますと、板金塗装とは事故などによって傷ついた車のボディーを治す為の職人になるのです。こう説明をするとイメージが湧いた方もいるかと思いますが、車のボディーは何かにぶつかると凹んだり塗装が剥げてしまったりします。ですので凹んだ部分を元に戻して色を塗って新品同様に修復をしなければいけません。また実はこの分野は細かい修復が必要なの為になかなか自動化が難しい分野となりますので、それだけ人の技術力が必要になりますので需要も高く、また修行を積んで人脈と技術力が付いたら起業する人とかなり多く、男性を中心に人気のある職業の一つとなっているのです。

板金塗装職人の給与の相場は?

次に仕事のモチベーションの一つになる板金塗装職人の給与の相場についてお話をさせていただきます。ズバリ板金塗装の仕事に関する全国賃金の平均は17.5万円となっております。またきちんと企業に就職をして正社員になった場合であれば24万円以上を狙う事も可能となりますので、夢が多い職業だと言えるでしょう。また他の職種に比べても求人の数や月給の相場も上がる傾向にありますし、雇用形態も正社員だけではなくて派遣社員やアルバイトとしても働く事ができるのです。そして給与額はそれぞれの職場によっても何処の大会社の下請けを担っているかによっても仕事の質や企業毎の最低賃金が異なっています。

給与を上げる為のポイントについて

板金塗装の仕事は上項でご説明をした通りに自動化に移行できにくいですので人の腕によって仕上がりの差が大きく出る事が特長になります。ですのでどちらかと言うと客側の立場の方が強い業界になりますので、板金塗装職人として給料を上げたいのであれば一生懸命技術力を高めて顧客の満足度を上げる為に出来ることを増やすことと、綺麗に仕上がる技を身につける事です。逆の立場になってみると、何処を修理したのか分からない位に仕上げた職人さんにはまたお世話になりたいと思うのが心情となるはずです。

板金塗装職人に求められる技術力

では板金塗装職人にはどの様な技術力が求められるのかと言う事ですが、塗装には細かく分けるといくつかの工程に分ける事が出来るのですが、具体的にはサビ止めや防水の為に下地を塗る工程であったり、損傷をした部分とそうでない部分の差を埋める為に丁度良い色を調合して塗装をしたり、最後に塗装面を磨いて滑らかにする工程などがあります。それぞれが大切な工程となりまして全てにおいて奥が深いテクニックがあるのです。例としては目で見ただけでは分からない凸凹部分を指先の感触で感じ取りながらコンマ1ミリの単位で磨き上げたり、調色と言って色を調合する技術も必要になります。また技術力が高い人は長年の雨にさらされて板金がどの様に変化して行くかの微妙な色合いの違いを見抜く人も中には存在するのです。

板金塗装業のキャリアアップについて

板金と塗装のどちらかの技術を学ぶ部分から既にキャリアはスタートしている事になるのですが、但し各職場によって覚えて行くスキルの順番が異なります。もしも板金であれば凹んだ部分をパテと埋めて磨く作業になりますし、塗装であればムラなく塗装を吹き付ける作業を覚える事になります。そして地道に技術を習得して行った後にはそれ以外の業務を少しずつ増やして行くのがステップになります。例えば塗装から板金作業を増やしたりまたその逆もありますが、なるべく関連した部分は担えた方が受注も取りやすいと言う事があります。特に板金修理と塗装作業は同じタイミングで顧客の満足度を満たす事ができるのでキャリアアップや独立がしやすくなりますので少し大変ですが、合わせて技術を習得した方が良いと言えます。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top