職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

外装吹き付け作業の概要と求められる技術について

外装吹き付け作業の種類について

これから塗装業を目指そうとされている方の中には仕事の見場的な充実感が感じられやすい外装塗装職人を目指そうとされている方も多いのではないかと思います。その場合には大きく分けて「吹き付け」と言う施工方法ともう一つ「手塗り」の2種類の工法があります。どちらの工法が良いのかや、何を基準に工法を選択すべきかは状況によっても異なりますが、昨今では道具を使用して塗装をする吹き付けの方法が人気がありますので、この工法について概要や技術についてご説明をしたいと思います。

外装塗料の吹き付け工法

吹き付け作業を行う場合には塗料を霧状にしてから外壁に吹き付ける必要がありますので「スプレーガン」と言われる道具を使用します。またスプレーガンの事をご存じない方の為に少しご説明を致しますと、専用の容器に塗料を入れて外壁に噴射をする事で塗布ができる道具になります。また、吹き付ける塗料の種類によってもそれぞれに専用にスプレーガンがあったり、また噴射方法によって「エアスプレーガン」や「エアレススプレーガン」と種別する事ができます。

スプレーガンのタイプ別の違いについて

上項でスプレーガンには大きく分けて2つのタイプがある事をご説明させていただきましたが、それぞれの違いについてご説明をさせていただきます。まずエアスプレーですが、仕組みと致しましては空気を圧縮させて塗料を微粒子化させてから噴射をします。また塗料の供給方法によっても更に重力式エアスプレーガンや吸上式エアスプレーガンまた圧送式エアスプレーガンと3つに分かれております。次にエアレススプレーガンについてですがこれは塗料自体に圧力をかけて噴射をするタイプになります。因みに近年においてはどちらかと言うと後者のエアレススプレーガンが使われる事が多くなっています。

吹き付け方法による仕上げの違いについて

吹き付け工法については大きく分けて2つあります。先ず1つ目はリシン・スタッコ等の仕上げ材を使用する場合で手順と致しましては下塗り(シーラー)を吹き付けた後で仕上げの吹き付けを行う手順になります。具体的には仕上げの吹き付けを行う場合にリシンでしたら小さな石を、またスタッコであれば石灰や大理石、砂などを混ぜ合わせた物を塗料に混ぜてから吹き付けを行います。そうすると表面がザラザラとした仕上がりになるのが特長となります。また2つ目はタイル吹き上げと呼ばれており、手順としては下塗りを吹き付けた後に玉吹きをして仕上げ塗装と言う順番になります。因みに玉吹きと言うのは吹き付けた後の凸凹で立体感を出す作業の意味となりまして、仕上げが綺麗になる他にも耐久性が向上する事も期待できるのです。

吹き付け工法のメリットとは

今回は刷毛やローラーを使用しないで外壁塗装の仕上げを大ナウ吹き付け工法のご紹介をして参りましたが、どの様なメリットがあるのかと言うご説明をさせていただきます。先ず1つ目のメリットとしては複雑な模様や重厚感があるデザインや凹凸がある立体感を生み出す事ができますので、個性的な外壁の仕上げを望まれているお客様であれば是非お勧めの工法となるのです。また吹き付け工法は印毛やローラーに比べて技術力が要らないと言う事ではありませんが、比較的塗膜の品質を一定にキープし易いですし、多くの膜厚をつけられる工法にもなりますので、綺麗な仕上げができ易いと言えます。ただしエアスプレーの使い方についても高い技術力が求められますので腕を磨く必要はあります。その他のメリットと致しましては補修の後が分かりにくく仕上げられると言う事や長期における重厚感が保てますので、特にタイルの吹き押さえを行う場合にはお勧めの工法になります。またスプレーガンの経験を積んだ後には広域に対する塗装を短時間で効率的に行う事ができると言う事です。最終的に施工の短時間化にも精通しますので、お客様の立場になると費用面でもメリットを出せる工法になるのです。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top