職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事作業ってどんなことをするの、詳しく知りたい

職人は技術を学ぶことによって一流に近づいていきます。
そこでプラスチック系床工事作業がどんなものか事前に確認しておくと作業がスムーズになります。

プラスチック系床材を使って

作業の前に準備が必要です。
準備しておかないと作業が滞ってしまいます。

その前にプラスチック系床材がどんなモノか、答えるのは難しいです。
その理由はプラスチックが開発されているからです。
以前から床材と使われていたリノリウムやゴムタイルに代わって1960年からプラスチックタイルが登場しました。

ちなみにプラスチック系床材のメリットは色が鮮やかであり汚れにくいので掃除がしやすいです。
しかも、安価なのでコストも抑えられます。

そこで、プラスチック系床材を使う作業を確認しておきましょう。
最終的には床材仕上げ作業になります。
天井の仕上げやクロス貼り、畳工事、ふすま工事などと同じモノとなります。

結局、仕上がりが一番大切だということです。
その結果、どんなところに活用しているのか前処理や基礎知識も学ぶ必要があります。

プラスチック系床材はどこで使われている

プラスチック系床材のメリットは防水性や防汚性の高さです。
そこでオフィスの廊下やプール、浴場によく使っています。

しかも、滑りにくいので一般住宅でも使われるようになりました。
プラスチック系床材を使うことにより、生活空間が快適になります。

リフォームの仕事ではプラスチック系床材施工ができると便利です。

プラスチック系床材作業の魅力とは

先にも記載した通り、リフォーム関係で役立つ技術です。

内装の仕事の中でも床材施工は重要度が高いです。
実際、どんな住宅にもプラスチック系床材施工をしていない箇所が沢山あります。

なので、リフォームで仕事をしているのなら習得しておけばそれだけ仕事が増え、収入が増えます。
それに屋内での作業になるので天候を気にしなくてもすみます。

作業をする場合、安全で快適な環境で仕事を続けることができます。

プラスチック系床材作業に必要な資格

職人にとって資格は依頼者である客の信頼につながります。
別に資格がなくても仕事を請け負うことはできます。

実は依頼者には職人の技術を確認することはできません。
例えば、入ったばかりの新人では現場にいれば職人の一人だということになります。
どうしても、技術を確認したいのならそれが資格になります。

資格を得るためにはそれなりの検定に合格しなくてはいけません。
筆記と実技があり、それぞれ合格した結果が資格になります。

しかも、職人として独立したいのならなおさら、資格を持っていたほうがいいでしょう。
資格を持っていることで仕事がどんどん入ってくるからです。

ちなみに床仕上げ工事に関係する資格なら内装仕上げ施工技能士があり、この資格は国家資格です。

国家資格というと資格が取りにくいと思いがちです。
だけど、通信講座などで技術を学ぶことができます。

なので、まずは資格を取るために講座などでスキルアップをはかるべきでしょう。

プラスチック系床材作業の講座を活用するのは

最近では動画で学ぶ講座もあります。
講座を購入する利点は資格を取るだけではありません。
そのまま、新人研修にも使えるということです。

職人は弟子を取り、弟子に技術を教えることで仕事を進めていきます。
だけど、仕事をしつつ新人教育をするのはなかなか大変です。

実際、仕事を教えるといっても現場です。
経験を積めば職人の技術を上げることができます。
だけど、お客の仕事を新人の練習道具にするわけにはいきません。

だからこそ、動画で見て覚えてもらうと助かります。

しかも、動画を活用した講座の場合、一回購入するだけですみます。
新人教育の費用を考えれば、講座を購入するのが一番です。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top