職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事作業の総合的な豆知識

・プラスチック系床材に関して

「プラスチック系床材とは一体何なのか?」と尋ねられて、はっきり説明出来る人は少ないのかも知れません。

この特殊な床材は、最近のプラスチック製作の影響で、過去からずっと利用されて来たゴムタイルやリノリウムを代替する方向により、1960年頃からプラスチック加工が施されたPタイルと呼ばれる製品です。

プラスチック系床材にはどのような利点があるかと言うと、1995年代を迎える事で、新しい建材としての活用されていたリノタイルやアスファルトタイルよりも色彩豊かで、尚且つ汚れに強くメンテナンスも行いやすいと、素晴らしい特徴がございます。

価格も凄くリーズナブルである為、そのメリットが受け入れられ一気に普及しました。

この情報へと着目した米国のアームストリング社を軸にして、外国で活躍する有名企業の力によって、性能が高い色鮮やかなプラスチック系床材が開発され、その流れから国内へと安定的に輸入されました。

・プラスチック系床工事作業の基本的な業務内容

総合的な床仕上げ分野の職種においては、内装関連の専門工事へと該当します。

天井ゾーンの仕上げ、襖の設置、畳を敷く工事、クロスを貼り付ける作業などと同じく、建築現場での最終工程を担当する業務になる、出来映えの良し悪しも決定付ける重要な役割を果たしています。

プラスチック系床工事作業と言っても、採用される材料や施工方法は一切違います。

やり方と仕組みを全て把握した上で、スペースの模様やシステム面を慎重に考えて行き着工する格好となります。

完成した時では、それに応じた大きな達成感を確実に得られます。

この工事を実行する際には、床の表側だけでなく、各々の室内のバランスを整える為に、素地を作製しないと行けないケースがあります。

まずは処理法やノウハウなどを正確に養う必要が出て来ます。

・プラスチック系床材が活かされているエリア

プラスチック系床材がどんな所で使われているかと言うと、水の侵入を食い止めたり、ゴミなどを防ぐ性能に優れている事から、会社の通路部分、浴室、プール関係で良く使われています。

滑りにくい特性があるので、近年では一般住宅を建てる場合にも積極的に取り入れられています。

その状況からも認識出来るように、プラスチック床工事材作業の専門職とは、大勢の方々から必ず重宝される、貴重な存在のお仕事にも該当します。

・プラスチック床工事材作業の魅力とは?

色々なジャンルの内装の職業の中でも、床工事材作業は大切な業務である為、施工が行われていない場所が見当たらない位へと密接に施されています。

事故などが発生しない、工事だけに集中出来る安全な環境が整っています。

どの建築現場でも毎回ストレスなく、仲間の職人さん達と協力し合いながら、トラブルなく順調な工程を実現出来ます。

設置する範囲がかなり広い為、作業速度をどんどん上げながら効率の良い仕事を実践出来ます。

完成する事で予想しているよりもずっと綺麗に仕上がる為、依頼書へと高い信頼や満足感を確実に与えられます。

・プラスチック床工事材作業に資格は要るのか?

数々の魅力的な要素をいっぱい兼ね備えているプラスチック床工事材作業ですが、「初心者出来るのか?」や「免許が必要なのか?」と大きな疑問を抱いている人達も中にはいらっしゃるはずです。

この業種は、一見難しそうな印象を受けますが、施工するのに必須となる資格など全く求められません。

最短の近道であるのが、床仕上げ工事をメインにやっている業者や熟練者の技法を勉強し、全体的なテクニックを一生懸命に習得する効果的です。

床仕上げ工事作業へと関連する免許には、「内装仕上げ施工技能士」と言う名称の特別な国家資格が用意されています。

この免許とは、厚生労働省により厳しく審査している技能士テストです。

取得しておく事で雇われている会社側から必ず優遇されます。

将来独立する事になってもプラスとなるので取っておく事をお勧め致します。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top