職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床材の特徴と勉強方法について

【プラスチック系床材とは】
プラスチック系床材と言うのはプラスチックの開発が進んだ事によって古くから使用されていたリノリウムやゴムタイルに代わって1960年代頃にプラスチックタイル(俗に言うPタイル)が開発されました。そして1955年頃に新材料として使用されていたリノタイルやアスファルトと比べたら利点としては色彩が良く、汚れにくいので掃除がしやすいと言う事が挙げられます。更に価格も安いので消費者からの需要も多く急激に普及しました。またアメリカのアームストロング社から外国製のカラフルな床材が輸入されましたので段々と住宅にも利用され始めてきました。

【プラスチック系床材が使われている場所】
プラスチック系床材のメリットは複数ありますが、その中でも強いて挙げるとするならば防水性と防汚性になります。ですので使用場所は多岐に渡りますが、オフィスの廊下やプール、大衆浴場などの人が多く出入りする場所で使われています。更に滑り難いと言う点やプラスチック系床材を使用すると生活空間が快適になりますので、最近では一般家庭でも使用される様になりました。またリフォームのお仕事でもプラスチック系床材が増えていますので職人としては知っておくべき材料になります。

【プラスチック系床材作業の魅力】
プラスチック系床材作業の魅力についてですが、特に最近ではリフォーム系の依頼でも需要が増えていますので、内装業の仕事の中でも近年需要度が増しています。ですので最近ではどの様な住宅においてもプラスチック系床材の施工をした方が良い部分が沢山ありますので、もしも床施工職人としてリフォームの仕事をされているのであれば仕事が増えて収入も増しますので、ぜひ習得しておきたい作業の一つになります。また基本的にプラスチック系床材作業は屋内での作業となりますので、作業をする場合にも快適で安全は環境での作業を続ける事ができます。

【プラスチック系床材作業に必要な資格】
この様にお客様にとっても職人にとっても色々なメリットがあるプラスチック系床材作業ですが、実は特に資格が無くても作業はできるのですが、しかし資格を持っておくと更にお客様への信頼にも繋がります。それと言うのもお客様は職人の施工技術を確認する事ができません。ですので極端な事を言えば昨日入ったばかりの新人が現場で作業したとしてもそんな事は知るすべがありません。ですので資格を持っておけばそれをお客様に見せる事もできます。また資格を取得するには検定を受けなければなりません。検定には筆記と実技がありましてそれぞれに合格したら資格が得られます。特に職人として今後に独立をしたい場合には尚更資格はあった方が良いでしょう。それはどうしてかと言いますと逆の立場になって考えてみると分かりますが、資格が無いよりはある人の方が信用できますので仕事を頼みやすいと言う事があるからです。また床仕上げ施工に関係する資格ですと内装仕上げ施工技能士がありましてこの資格はれっきとした国家資格になるのです。また国家資格と聞くと難しくて資格なんて取れないと思ってしまいがちなのですが、最近では通信講座でも技術を学ぶ事ができますので、時間がないと言う人でも通信講座や動画などで必要なスキルを磨いてみると良いでしょう。

【動画で学べるプラスチック系床材作業技術】

ひと昔前では何かの技術を学ぼうとした時にはその道の師匠と呼ばれる人の弟子になって石の下にも三年と言われた様に数年間修行をしなければいけませんでした。しかし最近ではインターネット技術の進歩に伴って動画でも必要なスキルを学ぶ事が出来るようになりました。ですので皆さまが必要とする技術の講座に入れば技術を学ぶ事ができますし、動画テキストは必要であれば会社の新人研修にも使う事が出来るのです。
本来職人と言うのは弟子を取って弟子に技術を教えながら仕事を進めていくものです。しかし実際の所はなかなか仕事をしながら弟子に技術を教える事はなかなか大変な物なのです。また実際に仕事を教えるのは現場になるのですが、確かに経験を積めばそれだけ技術を上げる事はできます。しかしだからと言ってお客様の仕事を弟子の練習場所に使う訳には行きません。なので動画で技術を学んで行く事が最近では何よりも効率が良いのです。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top