職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事作業のやりがいと目指す方法

【プラスチック系床工事作業は内装工になります。】
プラスチック系床工事作業と聞くと何かとてもマニアックな職人の仕事の様に感じてしまいますが、大きなくくりで言いますと、建物に関する仕事になりますので建築士や大工さんを連想しますが、建物の中でも内装の仕事になるのです。そして内装の仕事をする職人の事を内装工と言いまして、建物の最終仕上げを行う訳ですので建物のクオリティーや雰囲気から建築またはリフォームに関してとても大きな役目を果たすのです。また最近では新築物件やリフォーム関連だけではなく、賃貸アパートやマンションが古くなった場合の現状回復にもプラスチック系床工事作業が使われるケースも増えています。

【内装工の仕事内容】
ではプラスチック系床工事作業を含んだ内装工の仕事内容としてはどの様な物があるのかと言う事についてご説明をさせていただきます。先ずは床仕上げについてですが、これは一般住宅や施設などの床に基準線を引いてシートやタイル、絨毯、カーペット、クッションフロアなどを敷いて行く施工です。技術としては継ぎ目が見えない様に基準線からズレない様に床材を貼って行く事が必要になります。
またボード貼りについては下地の上から石膏ボードを貼って行く作業です。状況によっては耐水ボードやボードの2枚貼りなども行う場合があります。クロスを上手に貼るには必要な作業となります。
またボードを貼った壁の上からビニールクロスや紙クロスなどの壁紙を貼って行く作業になります。職人としては決まった時間内に正確に施工を終わらす事が必要になります。
【内装工のやりがいについて】
次に内装工のやりがいにはついてですが、特にプラスチック系床工事作業をメインとした内装工の仕事は仕上がりが目に見えて分かりやすいですので達成感が感じられやすいです。また人々の暮らしの中や生活環境に影響を与えやすいですのでお客様からも喜ばれる仕事になります。更にプラスチック系床工事作業は目に留まりやすいので技術やセンスを含めて人からの評価が受けやすい仕事と言えるでしょう。

【内装工に向いている人】
ではプラスチック系床材作業の仕事に就きたいという場合に、どの様な人が向いているのかと言いますと、この仕事は殆どが手作業ですので細かな仕事でも苦にならなかったり、手先が器用な人が向いています。そしてそれぞれの空間にあった材料を使用して完成度が高い仕上がりを求められますので、インテリアやデザインが好きな方も向いているでしょう。
【内装工に必要な資格】
では実際に内装工になるにはどの様にしたら良いのかについてお話をさせていただきます。内装工は確かに技術を求められる仕事ですが、目指す場合には年齢や性別、学歴などの制限はありません。また求人の中にはフリーターであったり他の職人経験者であったり何かしらの内装工の経験があればプラスチック系床工事作業を含めた内装作業に携わる事ができます。

【内装工になる為には】
内装工になる為には通常2つの方法があります。まず一つ目は職業訓練学校に通ってしっかりと基礎を学んで内装関連の会社に就職をする方法です。特に職人訓練学校ではプラスチック系床工事作業を含めた内装関連の仕事を行うに当たって必要な知識を基礎から学ぶ事ができますので、早く技術を身につける事ができます。また職人訓練学校の入学申し込みはハローワークから行う事ができます。また二つ目には内装工事の会社に入ってから先輩や師匠の元で見習いとして技術を学ぶ方法です。ですので特に雇用形態には拘らずにアルバイトから始めて現場で仕事を教わりながら正社員を目指すパターンとなります。古典的なパターンにはなりますが、技術を一通り習得をしてプラスチック系床工事作業を一人前にできる様になるにはおおよそ3年位かかります。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top