職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床材の用途別事例と素材のメリット

【クッションフロア】
プラスチック系床材は様々な用途で使用されておりますが、その一つにはクッションフロアがあります。また最近ではプラスチック系素材の技術進歩によりまして、石やタイルの模様をリアルに表現した様な床材も多数ありますので、お客様側からしても迷ってしまう位にデザインが豊富になっているのです。また表面がプラスチック系と言う事もありまして他の材質に比べても耐水性に優れておりまた油汚れにも強いですので、簡単にメンテナンスを行う事もできます。そして表面が滑りにくいですので洗面所やキッチン、トイレなどの水回りに使用する事が適しております。そして発泡層の構造によっては遮音性や衝撃吸収性などにも優れておりますし、消臭や抗菌に優れた製品もあるので、クッションフロアとしても選択の幅を広く取る事ができるのです。

【クッションフロアの応用】
特にクッションフロアへの応用と致しましてはアパートやマンションなど集合住宅の階段や廊下、バルコニーなどにプラスチック系床材が使用されております。
これには毎日多くの人が出入りをする場所に使用する事によって耐久性や汚れが取れやすいと言う機能を発揮する事ができるのです。また、プラスチック系床材の中にはノンスキッドと言いまして、防滑性のシートがございますので最近では特にバリアフリー向けのクッションフロアとしても人気があります。

【フロアタイル】
次にフロアタイルについてのご紹介になります。フロアタイルはクッションフロアよりも硬くて長方形や正方形のタイル状の形状となっております。またデザインについても木目調だったり石目調だったりなど様々な模様や色が展開されています。またプラスチック系素材と言う事で簡単にカットする事ができますので、工夫をする事で細かくて凝ったデザインにする事も出来るのです。ですので、まるで本物の様なリアル感を演出する事も可能となりますので、もしお客様からの注文が『何となくオシャレ調にして欲しい』など抽象的なリクエストがあった場合には是非フロアタイルを活用してみると良いでしょう。また使用されている場と致しましては主に店舗回りで使用されている事が多くなっております。また一般家庭では耐水性の良さから住宅の水回りの床材としても使用されています。

【リフォーム向けフロアタイルの特徴について】
最近特に需要が多い印象フロアタイルの特徴として、リフォーム向けの用途がございます。この商品にはどの様なメリットがあるのかと言いますと、一般的なプラスチック系床材と比べますと比較的剥がす事が簡単になっておりまして、業界内では『ピールアップタイプ』と呼ばれておりまして、剥がしやすい分、下地が傷みにくいと言うメリットもありますので、簡単に部分張り替えを行う事ができるのです。またカッターで簡単に切る事もできますのでリフォーム物件の施工を行う場合には今設置されております床材の上から重ねて施工すると言う方法を取る事もできるのです。また昨今のプラスチック技術の進歩によって耐久性に優れた床材も多いですので、リフォームの活用場所は広く、一般家庭だけに留まらずに人の歩行頻度が高い街中の商業施設ビルやオフィス、公共施設などにおいても安心をしてご利用いただく事もできるのです。

【各環境に合わせた提案が可能です】
プラスチック系床材はお客様からの色々なご要望にお応えする事ができるとても優れた材料となっています。これはリビングや廊下だけではなくて、例えば浴槽などでも防滑シートの活用をする事ができます。特に浴槽と言うのは環境的に冷たい・硬い・滑りやすい・汚れが目立ちやすいと言うあまり良くない条件が揃っていますので、これを解決できるのがプラスチック系床材でもあるので。またご老人が住む家屋や寒い地域にお住いの方ですと足の裏が冷たくなって血圧に良くない環境が出来やすいのですが、断熱効果が高いプラスチック系の床材を使用すれば素足でもヒヤっとする事がありません。またプラスチック系床材は施工が早く終わると言うメリットもありますのでデザインや機能的なお客様の希望を叶えつつも短時間で施工を終わらせる事ができるとても優れものの材料となるのです。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top