職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床施工の説明と魅力そして職人になる方法

【プラスチック系床工事作業のジャンル】
プラスチック系床工事作業のお仕事はジャンルで言いますと内装工の仕事に入ります。因みに内装工の仕事とは天井の仕上げや壁貼り、たたみ工事、ふすま工事などがあります。その中でも床部分と言うのは壁貼り作業と同様にいつも人の目に付きやすい部分の仕上げを行う事から建築内装業の中でもとても責任が思い仕事内容だと言えます。ですのでプラスチック系床工事作業は職人が持つ色々なプラスチック系床材をお客様の要求に対してどの様にセンス良くデザイン性も加味しながら施工していくかを考える事が仕事になるのです。

【プラスチック系床施工の魅力】
次にプラスチック系床施工の魅力についてお話を致します。実は建築系の職人の中でも昨今プラスチック系床施工の仕事は人気があるのですが、それにはいくつかの魅力があるのです。先ず一つ目は需要の多さですが、現在、床施工の工事をしていない建物はないと言っても良い程に何かしらの床施工をしています。ですので雇用という面でも上昇している分野になります。また作業的に他の内装工に比べると安全性が高いと言う事が言えます。これはどう言う事かと言いますと例えば天井作業であれば脚立に上って高い所だと3メートル位の場所で作業をしなければなりませんので仮に落ちると骨折をしてしまうリスクがあります。また壁作業であれば重いペンキを運ばないと行けなかったり、洋服が汚れてしまったり、養生をきちんとしなかったら汚してはいけない部分を汚してしまってお客様に迷惑をかけてしまう場合もあります。そんな中でプラスチック系床施工は材料がプラスチックですので軽いです。また作業環境も床ですので安全です。この様な事よりプラスチック系床工事作業は魅力たっぷりの仕事と言えるのです。

【プラスチック系床施工職人になるには】
プラスチック系の施工職人になる為にはどうしたら良いのかと言う事ですが、必要な資格や免許はどうなのか?や未経験でも職に就くことはできるのか?と言う事についてですが、実は床仕上げ施工に関わる仕事を行う時の必要な資格と言うのはないのです。そして特にプラスチック系床材ですのでもし素人の方でも個人で学びながら練習をして実績を積んで行けば、副業として数万円を稼ぐ事も不可能ではないのです。

【プラスチック系床材職人の資格】
上項でプラスチック系床材職人になるには資格はいらないと言ったばかりなのですが、しかし更に技術を向上させたり企業に入って個人ベースよりも高く安定したお給料を稼いで行きたいと考えるのであれば資格を取っておいた方が良いのです。そしてプラスチック系
床仕上げ工事に関連する資格には「内装仕上げ施工技能士」と言う技能検定制度にもとずいた国家資格物があります。またこの資格の信用度としては厚生労働省が認定していて適応商業能力開発協会が設問を作成しておりますので、この資格があれば国から認められた内装職人だと言う事が言えるのです。ですので1級、2級、3級の3種類がありまして実務経験年数によって受験できる等級が決まっていますので、興味のある方は是非トライしてみると良いでしょう。

【今後プラスチック系床施工に期待する事】
今後プラスチック系床施工に期待される事ですが、昨今オリンピックが近ずいて来ておりますので海外の宿泊者の為にホテルや商業施設の建設が急ピッチで進んでいます。ですので建設業全体の職人の需要が高まっていると言っても良いのですが、その中でもインパクトの強い床作業については和テイストであったり洋風デザインでもどの様にして来日者をおもてなしをして気に入ってもらえるかを
決定つける為に機能性とセンスが求められて行くと思われます。その為には最終的に皆さまの独創性のあるデザインが求められてくる訳ですが、でも基礎もしっかりと学ばなければいけませんので自分だけの技術向上の殻に閉じこもるのではなくて色々な人のプラスチック系床施工の事例を参考にしたり公共施設やビル、またはデザイナーズマンションなど色々なところに出向いて視覚的な情報を取り入れておくことが大切だと言えるでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

Return Top