職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

複数から選ぶ床貼り技術を学ぶ方法

【床貼り技術向上の必要性】
結論から申し上げますと、床貼りの技術と言うのは独学でも学べます。特に普段から日曜大工が得意だと言う方は独学でも技術向上が早く、新前の床職人と同じ程度の力がつくかも知れません。なのでもしかしたら口コミで仕事が取れるかも知れません。しかし作業現場環境と言うのは必ずしも好環境な訳ではありませんので色々な条件に対して対応しなければいけません。また床職人として就職したり将来独立を考えている方であればやはり内装業の資格を取っておいた方がいくら素人で技術が高いと言ってもお客様からの信頼度が全く違いますので、取得しておいた方が良いでしょう。そんな訳でどの様にして床貼り技術を勉強したら良いのかと言う事についてお話をさせていただきます。

【講座を受ける方法】
先ず床貼り技術における講座を受ける方法についてですが、申し込みに際しては最寄りの内装業者に出向いて聞いてみると言う方法もありますが、しかし最近のインターネット技術の向上によって『床貼り講座』と言うキーワードで検索をしてみると全国各地の床貼り協会やDYI、また職人育成の為の1DAY講座などがヒットします。また中には全国床貼り協会が開催をしている講座であれば、合宿における床貼り講座を行うなどの実践的な方法で短期間で床貼り技術が学べる企画なども用意されています。ですのでこの様な講座に申し込む事で床貼り技術の腕を磨いておけば就職してから現場で腕を磨く前準備ができたり、又は自分で学んだ事で資格を取ることも可能となりますので、上手くインターネットを使って自分に合った受講方法を探して申し込んでみると言うのも皆さまのサポートをしてくれる方法になります。

【講座受講のメリットとデメリット】
では次に講座を受講するにあたってのメリットとデメリットをご紹介させていただきます。先ず始めにメリットについてですが、ただ本を読むだけではなくて実際に床貼りを体験できると言う事です。床貼りを含む内装業の場合には特に数をこなす事で慣れていく部分が多いですので実際に作業を行っていく事で技術を取得していく事が出来ます。なので就職する前から数をこなしていればそれだけ事前に経験値を上げている事にもなるのです。
また講座受講のデメリットですが、全ての講座が必ずしも職人向けではないと言う事です。これはどう言う事かと言いますと、例えば『全国床貼り協会』と言うのはセミプロの集団となりますので参加条件としては特に大工の経験の有無は問われていないのです。そしてDYIですと必ずしも職人ではなくて趣味の人もいますので意識の差を感じることもあると思います。また講座によっては仕事が休みの日に受けないといけない事があったりもします。

【自宅で学習する方法】
次は自宅で学習する方法なについてですが、講座に参加をして実践的な事をする訳ではないのですが、動画を見る事で技術を向上させると言う方法もあります。具体的な方法としては『床貼り 技術 上達』などのキーワードで検索をすると内装職人講座がヒットし、その中に床貼り職人育成講座があります。これであれば日時を選ばないで個人の都合によって勉強する事ができます。

【内装職人講座と一般的な講座の価格比較について】
次に気になる費用の問題ですが、床貼り職人育成講座を調べる事が出来たら値段を比較してみましょう。例えば全国床貼り協会で講座を受ける場合には一泊9500円で日帰りは5500円となります。そして他の会社が運営している1DAY講座ですと14000円になります。おおよそ一回の講座ではこの位の費用がかかります。また内装職人育成講座の床貼り職人育成講座ですと14700円が9700円にディスカウントをして購入する事ができます。これは一回の実践を踏まえた講座と同等のかそれ以下で安く購入する事ができますのでお得です。また安いからと言って内容が乏しいと言う事では決してありません。道具の説明や下準備の方法など全ての工程について教えてくれますので、初心者でも分かりやすくなっています。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top