職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

お客様から信頼される塗装職人の要素5選

【一級技能士を持っている職人】
塗装と言うのは湿式の工法になりますので、ちゃんとした技量がないと、上手な塗装工事をする事はできません。ですので塗装職人が持つ技能士と言う資格はある程度の経験と技量を持ち合わせていないと取得できませんし塗装業における素晴らしい称号となるのです。因みに塗装職人の場合には「塗装技能士」と呼ばれる資格となりまして、1級と2級があります。特に1級塗装技能士を取得している塗装職人は国から認められた技術が高い職人と言う事になるのです。ですので一流の塗装屋さんであれば数人の1級塗装技能士の社員を抱えていると言っても良いでしょう。

【お客様からの質問の直ぐに回答が出来る職人】
塗装技術や周辺の事に詳しい職人であれば塗装に関する質問であれば瞬時に回答ができるはずです。逆の立場で考えればどんな事も瞬時に応えてくれる塗装職人であれば経験が豊富で様々な塗装工事現場を経験してきたのだろうと、信頼がおける様になります。なので
過去に経験してきた現場環境から瞬時に塗料の種類は塗装方法についてもパッとお客様に説明する事ができるのです。また工事の流れについてもスケジュールを直ぐに説明できる塗装職人も理想的なスタイルとなります。これがパッと答えられると言う事は自分自身が完全に工事の流れを把握していると言う事になりますのでお客様としても安心します。逆に工期の流れが説明できないと言う人はお客様に不安を与え「この職人は大丈夫だろうか?」と仕事を頼みたくなくなってしまいます。

【養生を丁寧に行う職人】
塗装技術自体が高い事はとても大切なのですが、塗装職人の全体的な仕事として見ると塗装をしない部分については塗料が飛ばない様に養生を行わないといけません。ですので養生の方法が丁寧な職人はお客様に安心感を与えます。養生と言うのはガムテープにビニールが付いたマスカーやビニールシートを使いますが、実は養生が上手い人と下手な人とでは大きく差がでてしまうのです。ですので養生の方法が汚くて雑な職人は全体的な仕事も雑だと言うイメージが強く、塗装についても探究心が低く特に細部への工法については
繊細な技術への不安感を募らせてしまいます。お客様からすると特に養生は自分の家の持ち物への飛び散りへのケアになりますのでお客様の事を考えてくれているかどうかを見極めると言うポイントにもなるのです。

【丁寧に後片付けを行う職人】
他の仕事にも精通する事なのですが、塗装職人でも仕事が終わった後片付けをきちんと行う職人は良い塗装仕事を行う職人と言っても良いでしょう。特に現場が広ければ塗装工事は1日で全ての工程が終わると言う事は少ないのです。ですので翌日も今日の続きから作業を開始するにも関わらず。日々丁寧に後片付けを行って退散する塗装職人と言うのは全体的に良い仕事が出来るのです。逆に明日もあるのでさほど後片付けは行わなくていいやと思ってします塗装職人はお客様への印象も悪いですし、実際に良い仕事ができない場合が多いのです。ある意味現場と言うのはサラリーマンで言うと机と同じ感覚です。なので確率のお話にはなりますが、机が汚い人で仕事ができる人はいるのか?と言う話になるのです。

【作業服がちゃんとしている職人】
職人と言うと体育会系で男勝りなイメージがありますので、でもそれとお客様から信頼されるちゃんとした仕事人であるかどうかと言うのは別の問題になります。特にお客様を相手にする場合には第一印象が大切になりますので、言葉の使い方ももちろんですが、ヘルメットをちゃんとかぶったり、作業服もボタンを閉めてちゃんと着こなしている人こそが良い印象を与えます。また塗装職人であれば夏でも長袖で作業をする事が一般的ですが、厚いからと言ってタンクトップや半袖で作業を行っている場合には職人個人の印象も去る事ながら会社全体のイメージを低くしてしまう場合もありますので作業服はきちんと着る様にした方が良いでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top