職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼り替え時の価格や注意点について

【壁紙リフォームの相場について】
クロス職人である皆さまがお客様と接して行く中で、お客様から壁紙をリフォームするには一体どの位の費用がかかるのか?と言う質問を受ける事があると思います。そんな時にはパッと答えられる様にしておくとお客様も安心します。
具体的には壁紙のリフォーム費用はどの様なクロスを使用するかと言うグレード
にも異なりますが、基本的に1平米当たり1000円〜1500円位になります。また安価な量産品モデルであれば1平米当たり750円〜800円位で収まる事もあります。そしてリフォームの場合には必ず廃材処分費用が掛かりますので一式500円〜2000円位プラスすると考えておくと良いでしょう。また客先にピアノ等大きな物がある時には家具一点につき2000円以上の作業台が上乗せされます。ですのでお客様が自身で移動できる物があれば移動しておくと費用が抑えられると伝えておくと良いでしょう。

【お客様への見積書提出時の注意点】
次に見積書をお客様に提出する場合の注意点ですが、まず壁紙の工事費用をお客様に説明するには表記されている単位に気をつける様に致しましょう。例えば分かりやすい部分で言いますと『6畳で◯◯円』と言う価格で案内をする時には『畳』は床面積を表す単位になります。でも実際に施工をする壁面は天井の高さによってだいぶ変わります。ですので天井が高い場合には一律料金で済むとは限りませんし、その際に天井のクロスも一緒に交換するによっても総額が変わって来ます。ですので見積書を出す場合には天井も含まれているかも合わせて説明する様にしましょう。

【壁紙表記の単位について】
次は壁紙表記の単位についてですが、これには『平米』か『メートル』かと言う点も気をつけないといけません。それと言うのも平米と言う表記についてはそのまま平方メートルと理解をすれば良いのですが、ただメートルと言う記載について問題になるのが幅です。それは何故かと言いますと、一般に壁紙はトイレットペーパーみたいにロール状になっていますが、その幅は90センチなのです。ですので壁紙1メートルと言うのは100センチ×90センチの事になりますので、皆さまがお客様に対してどの様な形態で見積もりを出すのかによっても違ってきますが、いずれにしても単位の差によって壁紙の大きさが違う事は必ず把握しておきましょう。

【壁紙クロスは全体的に交換する事がお勧めです】
次は壁紙交換時にお客様へ提案した方が良い事なのですが、基本的にお客様は壁紙を交換しようとする場合はだいぶ汚れてきたからだと判断される場合が多いのですが、でも古くなった一部分だけを交換したとすると、幾ら同じ柄だと言っても交換しなかった部分の古さとの差が歴然としてしまいます。それは色によっても違いますが、特に白色の壁紙だとその差は歴然と出てきます。そして色のバランスが悪くなってきますので、もし客人を招き入れる場合にはちょっと恥ずかしい思いをしてしまう場合もありますので、全体的な統一感を保つためにも天井も含めた貼り替えを進めてみましょう。

【壁紙交換時には窓枠等の交換も推奨してみましょう】
上項の内容とも繋がってきますが、部屋の統一感と言う観点から言いますと、壁紙を貼り替える場合に、もし今までとは雰囲気が違ったクロスにしたいと言う注文の場合には、直接クロス職人の仕事ではありませんが、その雰囲気に合わせた照明や家電、窓枠などに合わせる事で更に統一感が出る事を知っておくとお客様に提案する事ができます。特に窓枠については壁紙は新しく替えたのに窓枠が古いと窓枠の古さがだいぶ目についてしまいます。ですのでお客様の事を思えばこそ、周辺の事も提案してみるのも良いでしょう。

【壁紙クロス交換時に職人が気をつける事】
では最後に壁紙クロス交換時の職人としての注意点ですが、壁紙施工における失敗点とは施工自体が上手くなりたい行かなかったと言う場合と施工後の注意点などの説明不足やデザインにおけるアドバイスが少ない場合に生じるケースが多いのです。なので先ず技術的な点で障害物などがあり難しい部分がある場合には事前のシュミレーションを行なっておくと良いでしょう。また説明の点については事前に確認書を交わしておく事でトラブルが防げますので気持ち良く仕事が終えられる様に準備をしておきましょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top