職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

ダイノックシートの特性について

【ダイノックシートの特性について】
ダイノックシートはお客様側から見ると色々な特性がありますので、是非クロス貼り職人としては周知しておくべき情報になりますし、お客様にも自信を持って提案できる壁材となるのです。因みにお客様だけではなく、クロス職人から見てもダイノックシートは魅力的な部分が沢山あるのです。具体的にはどの様な事かと言いますと、ダイノックシートには粘着面には空気が抜けやすくなる為の溝が加工されています。因みに溝の形状は格子状になっていまして、空気がこの溝を通って抜けやすくなっているのです。なので設置面が広かったり凹凸がある場所においても施工がしやすくなっているので、職人側からも好まれているのです。

【ダイノックシートの汚れの耐久性】
次にダイノックシートの汚れに対する耐久性ですが、ダイノックシートは他の素材のシートに比べると汚れに対して強いという事が言えます。例えば液体をダイノックシートにかけて24時間以内でしたら水かアルコールを使って綺麗に拭き取る事が可能となります。具体的な液体としましては、飲料ではコーヒー、紅茶、コーラ、牛乳、赤ワインなどです。また調味料につきましてはタバスコ、ケチャップ、醤油、お酢など、普段食卓で良く使う物になります。ですのでこれだけの日常品に対して耐久性があるのであれば、畳やカーペットに比べるとなかなか汚れが落ちなくて大変な思いをする事もありません。なので小さなお子様やご高齢の方がお住いのご家庭でも安心をしてダイノックシートを進める事が出来るのです。

【ダイノックシートの消臭力】
次はダイノックシートの消臭力についてですが、ダイノックシートのメリットの1つには匂いにも強いと言う事が挙げられます。具体的にはどの様な事なのかと言いますと、シートフィルムの表面には消臭効果を出すためにトリプルフレッシュが採用されています。ですので禁煙者にはとっても気になるタバコの匂いやアンモニア臭などを水や二酸化炭素に分解をする事で消臭をするメカニズムとなっています。そしてトリプルフレッシュには触媒作用を活用したサイクル消臭と呼ばれている金属塩と化学反応で初期の段階のホルムアルデヒドの消臭を行う、とても安全性が高い有機窒素化合物から構成されています。ただし、タバコの汚れやヤニがダイノックシートに付着した状態ですと十分に消臭効果が発揮されませんので、必ず定期的にシートの表面を中性洗剤又は水拭きで綺麗にしておく事をお勧め致します。

【ダイノックシートの用途】
上記の様に色々な機能性の部分で優れているダイノックシートですが、別称と致しましては『ダイノック・硬質塩ビタックシート』又は『印刷化粧フィルム』などと呼ばれております。その魅力は本物に近い気質感や、本物に近い石材感又は素材感を限界まで近ずけて表現した化粧プリントされたフィルムになります。ですので施工例を挙げますと建具や木枠、窓枠、カウンターやデーブル、棚に代表される家具など色々な対象物への活用が可能となっております。そして施工場所は屋内だけではなくてエレベーターないやマンションのエントランスホールなどの公共施設でも活用されております。なので職人としてもお客様の要求を満たさられるとても利便性の良いシートとなるのです。

【デザインの豊富さについて】
ダイノックシートのデザインの豊富さは本当に多岐に渡ります。例えば裏面に粘着テープが加工されている木枠や窓枠、扉建具、家具など多くの木製品の表面デザインを簡単に模様替えする事が出来るのです。とにかくダイノックシートはデザイン、色のバリエーションがとても多いので、本当の木や大理石は使えないけど何とか表現をしたいと言うお客様がいた場合にはパッと提案する事ができますので、普段からダイノックシートのカタログや施工事例を見てそのお客様の要望に近い形に施工が出来るようにイメージを膨らませておくと良いでしょう。実は一昔前まではそこまで多くは無かったのですが、最近ではチークやオークス、またヒノキをメインとした木目調のデザインや近未来をイメージさせるラメやメタリック調のデザインのシートもあります。ですので施工前の打ち合わせの段階でお客様のコンセプトを聞いておくと良いでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top