職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

プラスチック系床工事施工技能士の資格について

【プラスチック系床工事作業者の資格】
プラスチック系床工事の仕事に携わり始めた方は先ずは日々現場で作業を行う事に専念をして腕を磨いてゆかなければなりません。でも将来を見据えて更なる技術を磨くには資格を取る事を考えると良いでしょう。でもプラスチック系床工事に役立つ資格などあるのだろうかと考えてしまいますがちゃんと存在します。それは「内装仕上げ施工技能士」と呼ばれる物です。この資格は建物の施工の最後に行われる内装仕上げに携わる技能を持つ職人に認定される国家資格となるのです。特に内装作業の段階ではお客様も建物は既にできており安全な環境ですので確認をしに来る方も少なくはないので、どんな職人さんが作業をしているのだろうかと気になる物でもあります。

【内装仕上げ施工技能士とは】
ではいったい、内装仕上げ施工技能士とはどの様な資格なのか?一体どの位の効力があるのかと言う疑問についてですが、実はこの『内装仕上げ施工技能士』と言う資格の主催は厚生労働省になりまして、同組織が定めている国家資格にあたる技能検定制度の1つになるのです。ですのでプラスチック系床工事作業を行なっている誰もが簡単に取得できると言う訳ではありません。また等級は3段階に分かれておりまして、3級と2級はそれぞれの都道府県知事の名前が入った合格証が授与されまして、1級の場合には厚生労働大臣の名前が入った合格証が受け渡されます。

【1級内装仕上げ施工士の特権】
階級のある施工士の中でも特に上級者と位置付けられている『1級内装仕上げ施工士』におきましては現場における評価ぎとても高く、公共物件の工事の場合には1級内装仕上げ施工士の常在が義務化されている場合も多いので、建設業界においてはとっても需要が高い存在となるのです。尚、1級を持っていると建設業界許可申請にて必要になる『専任技術者』にもなる事ができますので、キャリアアップや将来独立すると言う場合にも役立ちます。

【資格取得のメリット】
プラスチック系床材施工者が取得する資格は『名称独占資格』になりますので、この資格を持っていないと『内装仕上げ施工技能士』として名乗れないですし、仕事をすることもできなくなってしまいます。しかしこの資格がどうしてもないとプラスチック系床材施工の仕事ができないと言う事ではなく、あくまでも施工技術者の証となる物です。しかし業界内でもしも転職をする場合には資格者を採用する可能性の方が高いので、持っておいた方がメリットにはなるでしょう。また、何よりお客様に対しても説得力が増す事も間違いありません。

【内装仕上げ施工技能士の試験を受けるには】
では内装仕上げ施工技能士の試験を受けるにはどうしたら良いのか?と言う事ですが、目安と致しましては技能試験は1級、2級、3級の3つに分かれています。そして厚生労働省が主催となって(JAVADA)中央職業能力開発協会が各都道府県において実施しています。また実施時期に関しては6月〜9月にかけて行われる前期と12月〜2月にかけて行われる後期の年2回になります。そして学科試験と実技試験の両方が課され、それぞれに合格する事が必須となります。

【プラスチック系床施工以外にもある内装仕上げ施工技能士の資格】
因みに内装仕上げ施工技能士の技能検定と言うのは『プラスチック系床仕上げ施工法』の他にも『カーペット系床仕上げ施工法』や『木質系床仕上げ施工法』『鋼製床仕上げ施工法』『ボード仕上げ施工法』『カーテン施工』の分野に分かれております。ですのでこの中よりプラスチック系床仕上げ施工法を選んで受験をする訳なのですが、学科試験では共通科目として『内装仕上げ一般』、『建築構造』『建築製図』『関係法規』『安全衛生』があります。そしてこれらに加えて自分が選択をした科目が加わります。そして実技試験は選択科目について内装仕上げ作業を行い、学科では65点以上、そして実技とは60点以上が合格のラインとなっています。また合格率は3級は50%前後、2級は25%〜30%前後、1級は40%前後となっております。もし、皆さまが将来内装工として独立したいのであればプラスチック系床工事以外の仕事の資格を取っておくと、仕事の幅が広がるでしょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top