職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

Sangetuのシチュエーション別プラスチック系床材の選び方

【クッションフロア】
クッションフロアを何にするかを考える場合のプラスチック系床材と致しましては塩化ビニル樹脂製がオススメでクッション性も兼ね備えています。商品の形状と致しては長尺シート(ロールシート)状となり、また厚みは1.8mm〜3.5mmが一般的となっております。またデザイン性と致しましては石や木、タイルなどを極力リアルに表現をした模様だったりカラーバリエーションが複数ありまして、デザイン性も多くなっています。

【プラスチック性クッションフロアの強み】
プラスチック製クッションフロアは表面がビニールとなる為に耐久性が抜群となりますので、油汚れに強くてメンテナンスも簡単に行う事ができます。そして表面の凹凸によって滑りにくくなっておりますので、トイレや洗面所、またキッチン周りに代表される水周りでも使用する事ができます。更には発泡層によって遮音性や衝撃吸収性などにも優れています。後は抗菌、消臭機能に優れている商品もありますので色々な生活シーンの中で使う事が出来るのです。

【ノンスキッドとは】
ノンスキッドとは防滑性ビニル床シートの事です。用途としては主にマンションやアパートなどの集合住宅における解放廊下や階段、またバルコニーにて使用されています。日々多くの人が往来する場所に使用する事で耐久性に優れていて滑りにくくなっておりますので、汚れが落ちやすいと言うメリットがありますので、是非プラスチック系床工事職人としてはお客様が使いたい環境によっては提案出来るように覚えておきましょう。

【防滑性ビニル床シートの特徴】
先程上項で出てきた『防滑性ビニル床シート』ですが、これはどの様な物かと言いますと、クッションフロアよりも硬く、正方形や長方形のタイル状の硬質塩化ビニル床材の事です。気になるデザインとしては木目や石目など様々な模様や色に飛んだ豊富なバリエーションがありまして、しかもカットが簡単に出来ますので、細かい箇所へのデザイン貼りを行う事も出来ます。本物を思わせるとてもリアルな再現力を持ち合わせている高級感の高いプラスチック系床材となりますので、メインとしては店舗で使用されておりますが、最近だと住宅においても水周りの床材として使用される事も増えて来ました。

【リフォーム向け床材の特徴】
Sangetsu の商品の中には簡単リフォームタイルとなる『リフォルタ』と言う商品があります。この商品のメリットとしては他のシートに比べて比較的剥がす事が簡単なピールアップタイプの接着剤を使用していますので、剥がしやすいので下地を傷めないで済むと言う事が言えるのです。ですので過去には施工が難しかった部分的な張り替えも簡単に行う事ができますのでリフォームのお仕事が入ってきた場合には1つの方法として考えておくのも良いでしょう。また簡単にカッターで切ることも出来ますので、既存のフローリング床やクッションフロアの上から重ねて貼る事も可能なのです。

【浴室向け防滑シート『オフロア』の特徴】
またSangetsuには浴室向けの防滑シートとなる『オフロア』と呼ばれるプラスチック系の床材もあります。先ず浴室の床と言いますと特に冬場には冷たい、硬い、滑りやすい、目地が汚れやすいなど、どのご家庭でもこの様な同じ悩みがあるかと思います。特に医療や福祉施設における浴室では、磁器タイルの使用が一般的となっていますので、冷たくて硬いタイルは患者が歩行する場合には高齢者を中心にかなりの負担となり、怪我の元になってしまいます。その点でオフロアは断熱効果がある床材となりますので、素足で浴室に入っても冷やっとせずに高齢者でも安心をして年中入浴する事ができます。そしてユニットバスなどの床面の張り替えが困難な場所でも浴室を傷めないで既存の床の上から貼る事ができますし、何よりも最短一日など工期が短くて済む事もメリットになります。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top