職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

吹き付け作業の種類とメリットについて

【外装塗装作業の種類について】
これから塗装工を目指そうとしている方達の中には仕事に取り組んでいる職人の後ろ姿に魅力を感じたり、完成された外壁を見て、自分も結果が出やすく世の中の役に立つ仕事がしたいと思っている人もいると思います。また外装の工法については大きく分けて2つある事を覚えておきましょう。1つは吹き付け工法で2つ目は手塗り工法になります。どちらの塗装工法もメリットやデメリットがありますが、状況に応じて使い分ける事ができますし、またその判断も塗装職人の腕の見せ所になりますので両方ともしっかり覚えておく必要があります。また昨今においては機械を使った吹き付け工法も人気がありますので、今回は吹き付け工法について重点的にご説明をさせていただきたいと思います。 吹き付け工法の作業を行なう場合には塗料を霧状にしてから外壁に吹き付けますので、そのためのツールとして『スプレーガン』と呼ばれる
ツールを使用しないといけません。

【スプレーガンについて】
もし皆さまが塗装職人の作業を見た時にローラーや刷毛で塗っている作業しか見た事がないと言う場合には、スプレーガンの存在自体をご存知のないと思います。ですのでスプレーガンの概要についてご説明をさせていただきますと、専用の容器の中に塗料を入れて、外壁に噴射をしていく道具になるのですが、ただ1種類だけではなくて吹き付ける塗料の種類によっても各々専用のスプレーガンがあったり、また噴射の方法によってエアスプレーガンとエアレススプレーガンに分類されるのです。

【スプレーガンのタイプについて】
上項でご説明させていただいた2つのスプレーガンですが、それぞれの違いについてのご説明を致しますと、先ずエアスプレーガンですが、このタイプの仕組みと致しましては空気を圧縮させることによって塗料を微粒子化させてから噴射をさせます。そして更に塗料の供給方法についても重力式エアスプレーガン、吸上式エアスプレーガン、または圧送式エアスプレーガンの3つに分かれているのです。またエアレススプレーガンと言うのは塗料自体に圧力をかけて噴射を行なうタイプとなります。因みに昨今では後者であるエアレススプレーガンの方が多く使われています。

【吹き付け工法の仕上げの違いについて】
次に吹き付け工法による仕上げの違いについてですが、大きく分けて吹き付け工法に2つ方法があります。先ず1つ目はリシン・スタコなどの仕上げ材を使う場合の手順といたしましては下塗りとなるシーラーを吹き付けた後で仕上げの吹き付けを行なう順番となります。
そして2つ目はタイル吹き上げと呼ばれておりまして、この手順は下塗りを吹き付けた後に玉吹きを行なって仕上げ塗装をする順序になります。また玉吹きと言うのは吹き付けた後の凹凸で立体感を出す作業の事となりまして、仕上げが綺麗になる事やその他にも耐久性が向上する事が期待できるのです。

【吹き付け工法のメリット】
次に吹き付け工法のメリットについてですが、先ず1つ目のメリットと致しましては、複雑なデザインや重厚感がある模様、凹凸がある立体感を作り出す事ができます。ですので通り一遍の塗装ではなくてちょっと人とは違った外壁の仕上げを希望しているお客様がいたら、ぜひ実践してみたい塗装工法になります。そして吹き付け工法はローラーや刷毛に比べて技術力が要らない事や塗膜も比較的コントロールしやすいと言う事が言えます。ですので綺麗な仕上げをする事ができると言うメリットがあります。ですので最初のうちはエアスプレーの使い方を勉強しなければいけませんが、練習を重ねていくうちに扱いが上手になります。
周りへの養生だけ丁寧に行えば効率の良い塗装ができますので、ぜひ塗装職人であれば吹き付け工法も練習しておきましょう。

「壁装作業 一級試験講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
Return Top