職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

必見!床職人になる為に必要な情報

【床職人の平均年収は?】

床職人は内装業の中でもかなりの熟練をした技術が必要となりますので今人気がある職業になっています。そんな床職人の気になる平均年収ですが大体300万円という相場になっております。ですので20代~30代のサラリーマンの年収とほぼ同じ位のレベル感となっております。また床職人として独立をした場合ですが、この場合には会社努めとは違ってシートを切るカッターや接着剤は刷毛など自分で買いそろえなければなりません。また車が必須となりますのでガソリン代や駐車場代も自分の経費からの捻出となります。そういう点で言いますと源泉を引いた手取りで月に70万円位ですので年収にすると800万円~850万円位となります。

【床職人の日当と給料は?】

床職人は内装業と言う広いジャンルの中で見た場合でも、人が毎日足を踏み入れる「床」に特化をした分野の職業となるので勿論一般的なアルバイトに比べると日当は高い物と想定したくなるかと思います。また床職人でも大元の会社からすると一次請けかニ次請けかによっても金額は変わってきますがそれでも少し良い所ですと23,000円位貰える所があります。また親方クラスになると25,000円程度となり若手だと20,000円程度だったりしますが、決して悪い日当ではないかと思います。またお給料に付いていえば年齢や経験によっても差がありますが月給で18万円~25万円程度となっております。

【床職人の募集求人を探すには?】

床職人の求人を探す方法についてですが、一つはもし皆さまが親方の弟子としてある一定の期間お世話になっていたのでしたらそのまま親方の会社に雇ってもらう方法や、地方から修行に来ていたのであれば地元に戻る際に、結構内装工の仕事と言うのはネットワークが広いですので皆さまの地元の会社や親方を紹介してもらえる可能性もあります。また特に親方とのつながりがない場合には就職雑誌で探して行く方法もありますが、今の時代ですのでインターネットを使った方法が有効となります。特にインターネットの場合ですと勤務地や希望の給与体系などを検索する事ができますので短時間で効果的に求人を探す事が出来ます。

【床職人!階段の貼り方は?】

先ずは既存の生地を剥がして行きますが、スクレーパーやワイヤーブラシを使って手作業で剥がして行きます。そして下地を傷めない様に注意をしながらスクレーパーとヤスリを使い平らにします。その後は採寸を行いますが、特に曲がり段は不整形なので丁寧な採寸が必要となります。その後はクッションフロアをカットしますが一段毎にカットします。特に継ぎ目は一番目立ちにくいですし不可がかかりにくいので、あご下の奥側にします。そして接着剤を塗って行きますが、階段ヘリの上部、側部、下部には接着力が強い速乾を塗ることでヘリの出っ張った部分にもクッションフロアを浮かせずに貼る事ができます。因みに速乾を塗った以外の箇所には速乾程強くないベンリダインを塗って行きます。その後シートを階段上に置いて位置が決定したらローラーを使い空気を逃がしながら圧着していきます。

【床職人が必要な道具全て!】

先ずはインパクトドライバーですが、これはドライバー、電動ドリル、振動ドリル全ての機能を持ち合わせたマルチな工具です。また丸ノコですが、十分な力を発揮しながらもコンパクトで扱いやすいツールになり、角材や板材をストレスがなくカットする事が出来ますので、初心者には是非お勧めの入門ツールとなります。またコンベックスは現場を測定する場合や、墨出しを行う場合には欠かせないツールになりまして巻尺の様な役目を果たします。別称ではメジャースケールと言う言い方もあります。そして同じ測定ツールの部類では差し金は色々な箇所の直角を測ったり直線を図る道具になります。尚、墨つぼは材木に直線を引く際に基準となる線を引く場合に用いられるツールとなります。名前の通りに墨を含んだ綿が入っており糸車の原理を使って線を引いていきます。

【床職人「渚さん」って?】

恐らくこの記事を読まれている方は床職人を目指している方か、または何らかの内装工を目指していたりまた、既に仕事にはついていながらも基礎的な部分から床職人を勉強したいと言う方達が多いのではないかと思います。では皆さん『渚さん』と言う名前を聞いた事がありますでしょうか?ご存知のない方に『渚さん』についてご説明をさせていただきますと、渚さんは室内塗装床仕上げを仕事とする職人さんになります。また渚さんは昨今では女性でも床職人を目指している人が多い事から参考になる様なブログを書き続けていますので、もし床職人の仕事についてインターネットで情報を集めていれば恐らく辿り着く名前だと思います。

【床職人の技術上達のためにブログを書こう!】

上記でお話をした渚さんはブログをやっています。どの様なブログなのかと言いますと、別に自分のプライベートな内容を書いている訳ではなく床職人を目指している人の為になる様な内容を書いています。ですので皆さまも単に「いいな」と思うだけではなく是非ブログを始めてみてはいかがでしょうか?「でも自分なんてまだ始めたばかりだし」ですとか「渚さんの様に上級者ではないので」と思う気持ちもありますが、しかし逆に考えて見ると初心者だからこそ書ける内容と言う物だってあるのです。例えば一番最初の床現場で失敗した事を書いても良いですし、親方に怒られた事を書いても良いのです。そのメッセージが初心者の床職人の心を和やかにして皆さんのファンになってくれる場合もあります。上級者のブログの中で、ニッチであり読み手のニーズや心を揺さぶる様な内容を書いてみましょう。

【床職人の汚れの落とし方】

床職人として床の汚れを落とす方法は知っておくべき内容になります。勿論作業中にボンドをこぼしてしまったりと言うトラブル対処もありますが、どちらかと言うと施工後にお客様から床の汚れはどの様に処理をしたら良いか?を聞かれる場合があります。基本的に
フローリング床であれば「クイックルワイパー」に代表さsれるペーパーモップで汚れを取ってから掃除機で細かい汚れを吸い取って、最後に水拭きをすると通常の汚れは落ちます。しかし酷い汚れになると水拭きでも落ちない場合があります。例えば生活をして行く中で皮脂による黒ずみが付いてしまう場合があります。この時には住宅用洗剤が有効です。有名なのがマイペットでセットでマイクロファイバークロスを使いましょう。そして拭いた後には乾いたぞうきんで拭き取ると綺麗に落とせますので知識として覚えておきましょう。

【床職人と束職人の違いは?】

床組の工事を行う際の専用接着剤として「床職人」と言う商品と「束職人」と言う2種類があります。初心者のうちはこの2種類の違いが分からずに間違えて購入してしまったり使い方を間違えてしまって仕上がりが悪くなってしまう場合がありますので、どの様な部分が違うのかについて学んでおく必要があります。実はこの2つには決定的な違いがありまして、床職人に対して束職人は固まる時間が早くてカチカチになります。また床職人と言うのは床板専用の接着貼り向けに作られておりますので硬化をしてもねばり気があり弾性を保持しますので硬化時間が束職人に比べると遅いのも特徴です。ですのでもしフローリングを二重貼りする場合には床職人は粘性が少ない分流れやすいので、床を張った後でもボンドが原因となる不陸発生を抑える事ができるのです。

【床職人が使う接着剤は?その成分は?】

床職人が使う接着剤は一般的な物と何が違うのか?成分を含む特徴を知っておくことで皆さまの知識向上にもつながります。先ず材質はウレタン樹脂系になります。一般的な接着剤はシリカ系や酢酸エチル系となりますので床職人が使用する物は少し特別な物となります。尚インターネットで「床職人 接着剤」と検索するとコニシのボンドが上位にヒットします。代表的な「床職人」を例に取ってみると各種木材の施工に適しており高性能で湿気硬化型ウレタン系樹脂となりまして環境にも配慮した省ゴミ容器にて販売されています。また床職人は厚生労働省が室内濃度指針値を策定した13物質やVOC(揮発性有機化合物)の成分が含まれていない商品である事も覚えておくと良いでしょう。そして床作業に使用すれば床なりの防止効果がありますし、人体に有害な物質が含まれていませんので臭気もありません。

【床職人の床の除去方法は?】

もしも床職人が作業中に接着剤をこぼしてしまった場合にはどの様にして除去すれば良いか迷ってしまう場合もあるかと思いますが、まずそんな場合にはMSDSを確認してみましょう。例えばエスロン系の接着剤であれば成分はシクロヘキサノン、メチルエチルケトン、アセトン、塩ビ酢ビ共重合体となっております。この場合であれば得にアセトンが有効となります。ただクッションフロアの材質が塩ビの場合には除去溶剤で溶けてしまいますのでもし接着剤が硬化前であれば布に水を含ませて拭き取ってみましょう。また硬化後であれば対象箇所をお湯に浸して柔らかくなった後で擦り落とすと良いでしょう。またエポキシ樹脂系や合成ゴム系の接着剤であれば硬化前であればベンジンや塗料うすめ液が効果があり、効果後でしたら紙やすりや砂入り消しゴム、ナイフ等で擦って取る様にします。そしてシアノ系接着剤であれば硬化前であれば専用のはがし液やアセトンを含ませた布で拭き取る様にし、硬化後であれば前者同様に紙やすり、砂入り消しゴム、ナイフを活用してみましょう。

【床職人!床ボンドが手についたら?】

床職人であれば作業中にボンドが手に付いてしまう事があります。特にウレタン系のボンドは手に付くとヌルヌルしてしまいます。
焦ってしまいシンナーを使ってもなかなか落ちずに気持ち悪い感触が手に残ったままとなってしまいます。そんな時にはメチル系でもエチル系でも良いのでアルコールをティッシュに湿らせて拭くと落ちます。ただ完全に硬化してしまうと除去が面倒になりますので手に付いた直後に対応する様にしましょう。また気を付けるべき点は接着剤が手についたからと言って無理に剥がそうとすると皮膚を傷めてしまうので行ってはいけません。また硬化してしまった場合ですが未来永劫手に付いたままかと言うとそういう訳ではなく、新陳代謝によって自然に取れますので2,3日我慢をしておくと良いでしょう。

【床職人の施工面積は?】

次に床職人が覚えておくべき施工面積についてのお話しですが、良く間違われやすいのが延床面積になります。延床面積と言うのは建築基準法をベースとした建物各階の床面積を合計した値となります。また吹き抜けの家であれば床がないので床面積は含みません。そして施工面積についてのご説明ですが同件については実は特に決まった基準と言う物はありませんので、バルコニーや吹き抜け、また玄関ポーチ、ロフトなどの施工をした面積を元に計算されます。ですのでもし皆さまが床施工工事を請け負う場合に依頼者の家の図面や面積を把握する為に資料を確認する時には施工面積を確認し、それに応じた部材の準備を行う様に致しましょう。

【床職人に依頼する場合の価格は?】

例えばマンションのリビングフローリングを張り替えようとする場合ですが対象面積が18畳とした場合、既存床がもしフローリングの場合には既存生地を撤去する費用、また廃材処分代、フローリング新設、養生代そして家具を移動する所まで発注するとすると参考費用として大よそ35万円かかります。尚、既存がカーペットやクッションフロアの場合にも上記同様の工程を踏みますが費用は30万円と5万円程安くなります。また85?マンションのフローリングを張り替えようとする場合、実際のリフォーム対象面積が70?と仮定し、約60万円となります。またもう少し狭い面積での実用例と致しまして6畳の和室畳からフローリングへ貼り替えを希望する場合には畳の撤去以下、フローリングの新設までの併せて約9万円となっております。

【床職人に人気の腰袋は?】

たかが腰袋だと思うかも知れませんが特に床職人にとって腰袋は単に作業道具を入れるだけではなく、拘る必要があるアイテムとなるのです。それはどうしてなのかと言いますと、内装工の中でも特に床職人はしゃがんだり立ったりが多い職業になります。ですので使い勝手が良い物が人気となりますので作業ズボンのループにぶら下げておくタイプだとブラブラしてしまいとても気になります。なのでなるべく体と一体となっている物が望ましいので、ベルト月の腰袋が人気となっています。またこれらのアイテムは作業服屋さんでも販売していますし、ヤフーショッピングやアマゾンなどでも販売しておりますので、人気別でソートをして閲覧してみると良いでしょう。

「床張り職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

職人教材(動画教材)一覧

ダウンロード形式の動画なのですぐに学べる!

それぞれ、価格は9,700円です。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top