職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人の年収は?

塗装職人の年収は?

塗装職人という職業の年収は、一体殿くらいなのでしょうか。

塗装職人に興味があっても、大まかな年収がどのくらいになるのかが把握できていないと、なかなか一歩を踏み出すことができません。

そこでここでは、塗装職人の年収について紹介したいと思います。

塗装職人に興味のある人、必見です。

【塗装職人のお給料について】

仕事をしてお金を稼ぐ形態が様々(正社員、契約社員、派遣、バイトなど)なように、お給料のシステムも様々です。

月給制、時給制、日当などがありますが、塗装職人のような職人仕事の場合、大抵が「日当」になります。

日当とは、その日1日分の手当てとして支払われるもの。

何時間働いたかどうかは関係なく、何を塗装したかも関係ありません。

日当は、あくまでもその人が体を張って働いたことに対する手当てなので、売り上げなどは反映されないのです。

そのため、同じ地域で3,000万円の建物の塗装をしても、1億円の建物の塗装をしても、日当は変わらないのです。

塗装職人など職人仕事は、学歴やこれまでの職歴などよりも、「手に職がついているかどうか」が重要。

塗装職人の場合は、塗装職人としての経験があるかどうかで日当にも差が出ると言われています。

〈日当の目安は?〉

あくまでも目安となりますが、塗装職人の日当は
・経験者→10,000円~20,000円
・未経験者→8,000円~
というところが多いようです。

あくまでも目安なので、職場や地域、経験のレベルによっても変わります。

一般的に都心部は日当も高く、地方は低いと思っていてください。

ここでいう経験者とは、3年以上塗装職人見習いとして現場で仕事をしてきた人、もしくは職業訓練校などで基本的なことを学んでいる人のことを指します。

やはり、いかに「早く的確な仕事ができるか」で日当は変わってくるのだと言えるでしょう。

〈日当以外に年収に関わるものは?〉

塗装職人は、一般的な正社員のような月給制ではありません。

日当が年収のメインになるわけですが、日当以外に年収に関わるものには何かあるのでしょうか。

・賞与

いわゆるボーナスは、塗装職人にはないことがほとんどです。

ただし、これに関しては社長や親方次第という部分でもあるので、古風な親方の場合は、年末に「餅代」としてお金を包んでくれることもあるようです。

・昇給

求人に「昇給あり」と書かれているのであれば、よっぽどのことがない限り1年ごとに昇給があります。

仕事の覚え具合はもちろん、勤務姿勢なども昇給の評価対象。

大抵の場合は、1,000円単位で昇給があるようです。

・交通費

塗装職人の仕事は、会社のように決まった場所で行うものではありません。

現場でやるものですから、当然ある程度の距離を移動することになるでしょう。

どのくらいの範囲なのかは職場によりますが、市内はもちろん、県内、もしくは隣県まで行くところもあるようです。

その際の交通費が気になるところですが、交通費は日当に含まれていることがほんどなので、改めてもらえるものではありません。

・残業代

残業代についても同様で、日当に含まれていることがほとんどです。

・各種手当て

塗装職人のような現場での仕事の場合、労災には加入しているはずです。

職場を選ぶときには、必ず労災に加入しているかどうかは確認しておきましょう。

【塗装職人の平均年収】

様々な職業の年収をまとめたサイト「給料BANK(URL:https://kyurobank.com)」を参考に、塗装職人の平均年収についてまとめてみました。

平均年収は382万円~501万円、平均月収は20代23万円、30代26万円、40代34万円となっており、初任給の平均は18万円だそうです。

【まとめ】

塗装職人の年収について紹介しました。

塗装職人の給料は日当制なので、自分の実力や頑張り次第でたくさん稼ぐこともできます。

年収を増やしたいのであれば、早く的確な仕事ができるように日々精進していってください。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top