職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

塗装職人講座で上達「塗装職人の技術を動画で学べる」

塗装職人講座で上達「塗装職人の技術を動画で学べる」

ダウンロード形式の動画なので、

自宅でも車の中でも、

好きな場所で好きな時間に学ぶことが出来ます。

・この動画の必要性を考える

一人前の塗装職人になるには時間も費用もかかります。
だけど、この講座は動画を見るだけです。

誰でも利用できます。
しかも、購入後ダウンロードすればすぐ見られます。

それも何度でも見られるので繰り返し、技術を学ぶことができます。
ちなみに購入した動画は誰が見ても参考になります。

例えば、会社が購入して新人教育に使うこともできます。

実際、購入して新人教育に使っている業者も少なくないです。
というか、新人教育も案外、費用も時間もかかるからです。

しかし、「塗装職人講座」を購入するだけです。
それだけで、新人教育の費用が抑えられます。

・どんな人にお薦めなのか

実際、講座でもどんな人向けなのか掲載しています。
まず、職人になりたいけど一人前になるには時間がかかります。
だけど、誰もが早く一人前になりたいはずです。

なので、講座のおかげで技術を早く吸収することができます。
新人の教育に時間がかかると困る。
現場では優秀な職人が不足している現状があります。

なので、優秀な職人を増やすためにも新人教育は必要です。
でも、会社でも新人教育にあまり、時間をかけることができません。
そこで、塗装職人講座を購入して新人教育に充てることができるわけです。

サラリーマンから職人になりたいならこの動画は便利です。
というか、サラリーマンは定年があるけれど職人には定年がありません。
なので、体力がある限り幾つでも働くことができます。

それに優秀な職人となれば収入も格段に上がります。
ひょっとしたら、サラリーマンだった頃よりも収入がアップするかもしれません。

そのほかにも別な仕事をしつつ塗装もやってみたいリフォーム業者、自分の力でリフォームをしてみたい人向けです。

・商品の概要とは

まず、講座は8章に分けられています。
どれも大切なことばかりです。
きちんと確認しておきましょう。

・最初はやはり、講座の説明

なんといっても始めが肝心です。
ここで大切なのは挨拶です。
そして、プロには道具も必要です。

動画についても説明してくれます。

ちなみに動画では実際にプロが仕事をしています。
そこで仕事をしているプロの説明があります。
どんな人がやっているかで動画に対する親近感が出てきます。

・第二、三章は塗料の説明

塗装業にとって塗料は大切なモノです。

なので、二章に渡って説明するのは当たり前のことといえます。
ちなみに家などに使うものなのである程度は安全でしょう。

だけど、塗装職人は長時間、使用しなくてはいけません。
なので、使用する際はどうしても注意しておかなくてはいけません。
それにたかが、塗料といってもいろんな種類があります。

それに塗料にはそれぞれ特徴があり、とう使うかによっても詳しく教えてくれます。
大体、塗料を使いなれていなくては塗装業者失格です。
ちなみに無駄に塗料を使わずにすみます。

それにシーラーの使い方もレクチャーしてくれます。

・第四章で購入する方法を理解

塗装でどんな塗料を使っているのでしょう。
講座では塗料に対しても一から解説してくれます。
それに塗装では下地をしっかりしておかなくてはいけません。

下地塗装には専用の道具があります。
道具を動画で見せることで使い方が理解できます。

・養生について理解しておこう

そもそも、塗装中、塗料が付くと困る場所があります。
つまり、養生とは保護するための仕事です。
とにかく、いろんな場所への養生の方法があります。

養生をしっかりしておかないと塗装の仕上げにも影響があります。
大体、養生を雑に扱う職人に頼むわけにはいきません。

つまり、一人前の塗装職人になるためには養生をしっかり学ばなくてはいけないということです。
そこで、塗装職人講座を購入すれば動画で養生について学ぶことができます。
それにきちんと養生をしておけば他の家にも迷惑がかかりません。

第三者とのトラブル回避になります。

・準備が終わったら下塗りに入る

第六章に入ってやっと下塗りの工程に入ります。
結局、塗装職人になるためには基礎をしっかり覚えなくてはいけません。
実際、現場では何度もやり直しはききません。

だから、基礎はとても大切です。
そして、動画では実際に職人が塗装している工程を見られます。

たかが、下塗りと馬鹿にしてはいけません。
下塗りがおろそかになると今度は上塗りにも影響が出ます。
それに塗料によっては薄めて使うモノもあります。

きちんと薄める手順も頭に入れておきましょう。

そして、下塗りが終わったら今度は本番の上塗りが待っています。

・上塗りと片づけもきちんとマスターしておくことが大切

下塗りの技術をマスターすれば後は上塗りだけです。
最後まで気を抜かずに頑張ることが大事です。

そもそも、この塗装職人講座では何年も職人の下について学ぶべき技術をたった六時間で学ぶことができます。
といっても、六時間この動画を見ただけでは熟練した職人になれるわけではありません。

なので、分かりにくいことがあれば何度でも見直せばいいわけです。
実際、プロの職人になった後でも復習を繰り返せばいいだけです。
何度でも繰り返した結果、技術は身についてくるはずです。

それに塗装後は片づけがあります。
片づけを完全に終えるのがプロの仕事です。

片付けが悪いとどんなにいい仕事をしても相手に印象が悪くなります。
印象が悪ければ、次回から仕事が来ない場合があります。
しかも、片づけのことまで動画が見本を見せてくれます。
なので、最後まできちんと見届けることが大切です。

・実際、購入した人の感想とは

現在、職人歴1年の人の感想。
まだ、1年なので基本的な仕事ができるくらいの技術力です。
ちなみに塗装の現場では他の職人さんとの連携が必要です。

でも、職人によって仕事のペースが違います。
やはり、熟練の職人の技術を現場で見て覚えるのは時間的に無理なようです。

そこで、塗装職人講座を購入した結果。
動画で技術を学んだ方が塗装技術が上達。
しかも、他の職人さんがどこで手を抜いているかも気づいたそうです。

その上、動画は車の中や部屋にいても見ることが出来て便利だったようです。

ほかにも技術をあげれば独立も夢ではありません。

つまり、独立を考えているならなおさら、購入してみるべきです。
独立するためにはある程度の技術が必要だからです。
現場で親方も教えてくれないことまで覚えることができるからです。

学んだおかげで独立の夢が実現するでしょう。
逆に新人を雇ったけど、技術を教える時間がないという人もいます。

実際、教えている時間があったら仕事をしたい。
それなら、新人に動画を見て覚えてもらうしかないでしょう。
塗装職人講座は動画の中で丁寧に教えてくれるので、自分が教えるより分かりやすい印象を受けました。

サラリーマンから職人になる場合、塗装について基本的なことを現場で教わりにくいです。
誰にも聞けない道具のことも動画できちんと教えてくれます。

つまり、サラリーマンからの職人への転職も塗装職人講座をダウンロードすればスムーズにできるということです。
仕事の合間に動画を見て仕事を覚えればいいからです。

確かに現場で仕事をしないと職人としての適性が分からないでしょう。

だけど、脱サラを考えて手に職をつけたいのなら便利な動画だと思います。

しかも、職人でなくてもこの動画を見れば自宅で塗装をやることができます。

最後に塗装職人講座は税込み1万円以下で購入できます。
たったこれだけの値段で塗装業のノウハウが短時間で理解することができます。
それに何度でも見ることによって技術のスキルアップが可能です。

それに熟練した職人になる近道だと思います。

「塗装職人講座の詳細はこちら」

塗装職人・塗装工の一人前になるには

塗装職人は資格が必要なく、学歴や年齢などはあまり重要視されません。職人なので、腕のみが重要視されます。つまり、一人前になるためには実践あるのみで現場での修行が必要です。

と言っても、何にも知識がないまま現場に放り出されても一人前には遠いため、就職前に職業訓練校で基本的な事を学んでいた方が一人前の道は早いです。そして、訓練校で勉強したとしても、まずは見習いからスタートて一人前を目指します。

また、腕以外に重要視されるのが体力と精神力です。学歴や年齢不問なので誰もが一人前を目指せますが、それまでの現場での見習いとなると体力や見習う姿勢などの精神力が必要です。

塗装屋になりたい。塗装の仕事をするには

塗装屋になるためには、求人で塗装工見習いと書いてある求人を探します。建設会社や住宅メーカー関連の仕事になるため、そういった業種の求人を見つけると良いでしょう。

現時点(2018/08/11)で大手求人サイト、indeedを見ると、全国で179件の求人が、塗装工見習いでヒットしました。未経験者歓迎と書いてあるものもありますし、有資格者優遇と書いてある求人もあります。また、独立支援と書いてある求人もあるため、自分のキャリアや将来に合う求人を見つけていくと良いでしょう。

そして、書類選考や面接をして晴れて就職となれば、塗装の仕事ができるようになり、塗装工の第一歩となります。

内装職人育成なら

年齢や学歴があまり重要視されない、塗装工になるには資格が必要ない(資格はありますが、なくても見習いはスタートできます。)となれば、後はどれだけ勉強したかが一人前になるために重要ですよね。

内装職人講座なら、塗装職人講座という講座があります。道具の説明から基本工程まで動画で説明してくれるため、初心者でも分かりやすい教材です。動画なので具体的にどうやるのか分かりやすく、しかも見て学ぶので体力は必要ありません。仕事でクタクタに疲れて帰ってきても、勉強しやすいのです。また、仕事で分からなかった事もクリアになっていきやすいでしょう。

初心者でライバルに差をつけたい、サラリーマンから転職したい、就職前に知識を身に付けたいなど、早く一人前になりたい人にお勧めの教材です。

塗装屋は女でも出来るの?

塗装屋は女でも出来ます。実際に女性が塗装で働いてる人もいます。しかし、塗装屋は男性が多い職種で、現場では女性専用の更衣室やトイレがない場合が多いです。また、重いペンキを持つなどの体力勝負の部分もありますし、女性だと日焼けが気になるという人もいるでしょう。若いうちは日焼けが気にならないけども、歳を重ねると気になるなどもあります。

そのため、女性でも塗装工になれるけども女性が働く現場が整っていないというのが現状です。それを覚悟してるのならば、塗装工を十分に目指していけるでしょう。

塗装工の仕事内容

塗装工の仕事は、新築やリフォームの家、会社、ビルなどで行います。そして壁を塗っていくのですが、ペンキを持ち運ぶ、注文通りの色になるように塗料の種類を選ぶ、壁の材質に合うように考慮する、サビ、雨風なども考えるなど、ただ壁を塗れば良いという訳ではありません。職人なので、色んな条件や材料から適切なものを選び、適切に塗るのが仕事となります。そのセンスや知識を磨いていくのが見習い期間です。

また、ローラーや吹き掛けなど手作業で行う事が多く、知識やセンスだけでなく体力も必要になってきます。
そして、段取りが8分で塗りが2分という人もいて、段取りでの雑用も多いです。その段取りや雑用をこなしていくのが、塗装工で活躍するための道とも言えます。

塗装屋(ペンキ屋)の日当はいくら?

塗装屋の日当は経験や地域差があるので一概には言えませんが、知恵袋や口コミ、情報サイトなどで調べると1万円~2万円ぐらいです。

未経験で見習いの状態だと日当は8,000円ぐらいですし、ベテランの塗装工だと2万円ぐらいもらえるとの事です。これ以上を望むと、独立するとなります。

しかし、求人を見ると日当1万円や1万6000円などもあるため、聞きにくいとは思いますが、実際にいくらの日当からスタートするのか面接時に確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、月給で見ると20代で28万円や月給30万円などもあります。また、塗装工の平均年収は310万円との情報もあります。そして、親方になれば年収450万円ぐらいにはなります。

この記事は少しでもお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top