職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

女性でもクロス貼り職人は十分に目指せる

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

職人と聞くと男性のイメージが強いのですが、クロス貼りは女性にもでき、活躍する女性職人もいます。どんなメリットやデメリットがあり、

【女性ならではのメリット】

クロス貼りは細かい作業が多く、女性の方が細かい作業に向いていると言います。例えば、絵柄の2枚のクロスを繋げて貼る時はクロスがズレると絵までズレてしまうので、ピッタリ合わせるなどです。夫婦でクロス貼り職人でも、奥さんの方が貼るのが得意という例もあるぐらい、クロス貼りの世界では女性の方がセンスが良い場合もあります。
また、クロス貼りの依頼人は女性も多く、クロス選びをする時もあります。女性のお客さんなら女性職人の方が話しやすく、満足に繋がる可能性もあります。

【女性だとデメリットに感じる部分】

クロス貼りに関わらず、女性職人は現場のトイレに悩む時があり、仮設トイレが汚なかったとの体験談があります。また、重い工具を持っての移動などの体力勝負になる事もありますし、パテの粉で汚れるなどもあります。

女性に向いていないと言うよりも、女性が嫌がりやすいのがクロス職人です。

【女性クロス貼り職人の意見】

女性がクロス貼り職人を目指す時にデメリットはありますが、活躍する女性は仕事が楽しいとの意見もあります。トイレが汚いのはコンビニなどのトイレを使う、重い工具は分解して運ぶなどで解決できますし、女性でも十分に活躍できると先輩職人は言います。

最近は女性が職人の世界で活躍する事も多く、女性クロス貼り職人は十分に目指せる仕事です。手に職を付けて独立も夢ではありません。

15年分の知識を6時間で学べます!

クロス張り替え職人育成講座(動画教材)

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top