職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りのジョイントコークとは

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

クロス貼りをする時によく出てくるワードがジョイントコークです。パテと同様に使う人もいますが、ジョイントコークはパテではなく、使い道が違います。

【ジョイントコークとは】

コーキングとは、隙間を埋めるという意味です。お風呂場などで、壁紙と床の間に白くて弾力性があるものが線になっているのを見た事はないでしょうか。それがジョイントコークで、隙間を埋めています。
クロス貼りをした後に、クロスとクロスの間を埋める、クロスと電球の間に塗って隙間をなくすなど、ちょっとした隙間ができてしまった時にジョイントコークを利用します。

そして、様々なクロスの色があるように、ジョイントコークも様々な色があります。

【ジョイントコークはパテと別物】

下地の時に利用するのがパテで、ジョイントコークはパテのようには使いません。パテは盛り過ぎても削れますが、ジョイントコークは削りにくいからです。ジョイントコークをパテのように使用してしまうとクロス貼りをした時に凹凸ができてしまうため、パテはパテ、ジョイントコークはジョイントコークの使い方があります。

【購入場所と値段】

ジョイントコークはホームセンターのDIYコーナーや工具コーナーなどに売っています。
500gで420円や638円など、数百円程度で購入でき、リーズナブルにちょっとした隙間を埋めれます。

プロも使っているジョイントコークは、ちょっとしたクロスの隙間に便利です。リーズナブルに、見映え良くクロスが仕上がります。

15年分の知識を6時間で学べます!

クロス張り替え職人育成講座(動画教材)

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top