職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りで自営業になるメリットとデメリット

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

サラリーマンと違い、クロス職人は独立できる夢がある仕事ですよね。そこで、クロス貼りの自営業になるメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】

自営業のメリットは、なんと言っても収入の増加です。経費はかかると言えども、もらうお金が全て収入になるので会社勤めよりも収入は増えやすいです。

独立前は月給が20万円~30万円、自営業は収入が月に50万円との例もありますし、月に100万円を稼ぐクロス貼り職人もいます。まさに自営業はドリームチャンスなのです。

【デメリット】

収入が上がる一方で、自営業は儲からないとの意見も多数あります。良くも悪くも仕事の質は自分次第なので、月収が15万円など下がる場合があります。

また、自営業だと全て自分でやらなければいけません。会社の宣伝(ホームページ作りや営業)、電話対応、材料の購入など1から10まで自分でやります。夫婦2人で自営業、家族で自営業など小規模になるほど負担は増えます。

【収入を増やすために】

クロス貼りの自営業で生きていくためには、仕事を増やす事に専念します。そのために営業をして仕事を増やす、仕上がりを丁寧にして口コミで広がるようにするなど、仕上がり=営業と考えるようにしましょう。

また、クロス貼り以外の仕事もこなせば収入が増えます。床のリフォームも手掛けるなど幅広く内装業として働くと収入が増えやすくなるので、自営業ならクロス1本にこだわらないのも選択肢の1つです。

自営業はドリームチャンスです。良くも悪くも自分次第なので、営業や他の内装業などクロス貼りスキル+αの視野を持ちましょうね。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top