職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りは大工よりクロス職人へ頼むべし

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

クロスはクロス貼り職人だけでなく、大工でも貼れます。しかし、職人とあるようにクロスはクロス貼り職人が貼るのがお勧めです。

【石膏ボードを納めるまでが大工】

大工の仕事は図面通りに家を建てる事です。そして、クロスの基礎となる石膏ボードを納めるまでが大工の仕事です。
クロス貼り職人は、この石膏ボードができたら下地処理をしてクロスを貼ります。

つまり、大工は家をおおかた作るのが仕事であり、クロス貼り職人は大工仕事の後、またはその途中でやってきます。

【より技術が必要なのは大工】

大工は、設計図を汲み取ってミスがないように家を建てる技術が必要です。そのため、より高い技術を求められるのが大工です。

一方でクロス貼りは趣味で行う人も多く、職人技の中でも簡単な方です。そのため、大工でもクロス貼りはできます。

【クロスはクロス貼り職人へ頼む】

大工でもクロス貼りはできますが、クロス職人の方がクロス貼り技術は上です。

例えば、大工がクロスを貼ったら空気のボコッとしたところが目立つとの口コミがあります。それで補修をお願いしたら雑な補修だったとの事です。

クロス職人も大工も質は人によって違いますが、クロス貼りはクロス職人に頼んだ方が仕上がりがきれいな可能性は高いと言えます。

そのため、知り合いで大工がいて「クロス貼り、安くやってあげようか?」なんて言われてもあまり信用しない方が良いかもしれません(笑)その人の技術力が不明だと、仕上がりも不明です。

大工の方が技術力は高いけども、クロス貼りに関してはクロス職人が一番上です。

 

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top