職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りのプライマーを施す前に覚えておきたい事

.クロス貼りのプライマーはどんなものなのか?

粘着剤付き化粧シート(カッティングシート)を施工した以降には、浮いてムラが出たり剥がれ落ちるのを防ぐ目的で、プライマーをたっぷり塗り付け処理を行うのが基本です。

.クロス貼りのプライマーが備えている特徴に関して

プライマーとは粘着剤が施された化粧シートを、下地部分へとがっちり密着させる性質を持っている特殊な液体です。

カッティングシート用シートを裏返す事で、粘着剤が綺麗に塗られている事が確認出来ます。

しかし接合させる下地の材質・形のタイプ・気温・湿度などによっては、思い通りにくっ付かないケースがあります。

このようなリスクを回避する狙いで、プライマーが有効活用されています。

粘着剤とプライマーが充分に合わさる事で、カッティング専用シートも下地へと完璧に接着します。

.クロス貼りのプライマーは何でも構わないのか?

プライマーには様々な製品がある為、適当に選んで施すのは禁物です。

その中には例えば建築塗装の下地用へと作られている種類や、フロア材専用ボンドの密着率を上げる目的で開発されているものが挙げられます。

粘着剤付き化粧シートを施工するのなら、これに適したプライマーが販売されているので、必ずその製品を購入して作業を実施して下さい。

.クロス貼りのプライマーの水性タイプと溶剤タイプ

クロス貼りのプライマーには主に2種類に分けられます。

水性型だと薄めて利用する方式になります。

溶剤型ですと希釈せずに、そのまま原液で使う方法となります。

水性のプライマーの性質は粘着力がなくサラっとしています。

粘着性がない為、弊害なく自由に塗り広げられます。

匂いにおいても殆ど感じられないので、学校・工場・ビルなどの作業に適しています。

溶剤のプライマーの特徴には、密着力が強く塗り付けたら直ぐに乾くなどが挙げられます。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top