職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

天井などのクロス貼りに役立つジョイントテープ

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

天井に2枚目以降での壁紙に貼るには?

2枚目以上のクロス貼りをやる場合には、前に接着している壁紙の端部分~5cm前後を意識し、慎重に重ね貼りします。

クロスを重ねて貼り付ける際には、 双方
の壁紙の柄が合わさる要領で施します。

クロスのジョイントテープを取る

2つ目以降での壁紙に備え付けられているジョイントテープは、最初に貼ったクロスへと重なります。

1つ目の壁紙に重ねる状態なので、初めに施工したクロスへとノリが接合しないように注意し、ジョイントテープは取らずにそのまま残しておきます。

※3つ目に合体する方向のジョイントテープは必ず取り去って下さい。

お互いの柄を正確に合わせる

1枚目や2枚目の壁紙の柄がぴったり合わさるようにして、クロス貼りの作業を進めます。

1つ目の壁紙と一緒の柄を見付けて行きます。

2つ目のクロスを上側から重ねる為、最初にやった壁紙の柄は隠れて確認出来なくなります。

この問題は、上部へと重なっている2枚目のクロスに切れ目を施し、1枚目の壁紙の柄と正しく合ってるかを調べる事で、簡単に解決出来ます。

ジョイントを取り除いても、以降での工程に必要なくなる部材です。

切れ目が入っても、作業には全く支障を来さないので心配大丈夫です。

ジョイントの最適なカット方法は、1つ目と2つ目のクロスが重ねられた格好で、カッターを用いて丁寧に切って行きます。

ジョイントの適した地ベラの扱い方

地ベラの利用法は、親指と人差し指などを使い、地ベラの刃付近をしっかり押さえて、中指~小指を使って地ベラの枝を握ります。

地ベラはカッターナイフの方向を示す役割がある為、左右に揺れないようにしてがっちり持ちます。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top