職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りの出隅の正しい施工方法に関して

全国の優良塗装会社を厳選して紹介
顧客満足度98.2%という卓越した成果
「外壁・屋根塗装の無料一括見積もりサービス」

入隅と出隅

クロス貼りにおいて、出隅とは壁面が突き出したコーナー部分を指します。出隅にクロスを貼る際には、出隅カバーと呼ばれる専用の部材を使うことが一般的です。出隅カバーを使うことで、クロスをきれいに仕上げることができます。出隅カバーは、プラスチックや金属製のものがあります。また、出隅カバーを使わずに直接クロスを貼る場合は、クロスを切り貼りして調整する必要があります。この場合、正確な測定と切り抜きが必要となるため、技術的なスキルが求められます。

壁紙の出隅への正確な施工法とは?

クロス貼りにおいて、出隅に正確に施工するには以下のポイントがあります。

1.切り貼りする

出隅でクロスを貼る場合、壁紙を巻くことはできません。そのため、クロスを正確に切り貼りする必要があります。クロスを切る際には、コーナーの角度に合わせて正確にカットすることが重要です。

2.出隅カバーを使う

出隅カバーを使用すると、クロスをきれいに仕上げることができます。出隅カバーは、プラスチックや金属製のものがあります。出隅カバーを使わずに直接クロスを貼る場合は、クロスを切り貼りして調整する必要があります。

3.水平を保つ

クロスを貼る際には、水平を保つことが重要です。特に出隅では、角度が複雑であるため、クロスを正確に水平に貼ることが困難です。このため、水平を保ちながらクロスを巻くことが必要です。また、クロスを貼る前に、水平を確認するために水平器を使用することがおすすめです。

4.引っ張り過ぎない

クロスを貼る際には、壁紙を強く引っ張り過ぎないように注意することが必要です。壁紙を強く引っ張ると、クロスが破れたり、歪んだりする可能性があります。また、クロスが伸びた分だけ縮んでしまうため、壁紙を強く引っ張ると、クロスが緩んでしまうことがあります。

DIYでもプロ級の仕上がりに!『クロス張り替え 職人育成講座』で技術を磨こう

「クロス張り替え 職人育成講座」は、クロス張り替えに必要な知識と技術を学ぶことができる動画教材です。この教材は、職人育成にも役立ちますが、DIYでクロスを張り替える人にも役立ちます。

具体的に、教材の各章では、クロス張り替えに必要な機材や道具、下地の種類や処理方法、壁紙のはがし方、寸法の測り方、ノリの作り方、ノリ付け機の使い方、天井や壁のクロスの貼り方など、様々なテーマを学ぶことができます。

この教材を通じて、クロス張り替えの基本的な知識や技術を習得し、DIYでクロス張り替えを行うことができるようになると同時に、職人としての技術やスキルを身につけることができます。

例えば、教材の中で、下地処理に必要なパテの水加減や塗り方、壁紙のはがし方のコツ、天井や壁のクロスの貼り方などを学ぶことで、クロス張り替えの作業がより効率的に行えるようになります。また、教材を通じて学んだ技術を活かして、職人としての仕事に就くこともできます。

総じて、「クロス張り替え 職人育成講座」は、DIYでクロス張り替えを行いたい人や、職人としてのスキルアップを目指す人にとって、非常に役立つ教材であるといえます。

 

質問を投稿する(すぐ返信します!)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top