職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼り職人を横浜で目指している皆さんへ

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

クロス屋さんになるには?

横浜でクロス貼り職人に興味がある方は、専門学校か職業訓練校へと入学して、壁紙施工に必要な最低限の技能や知識などを覚えるのが一番です。

参考になる技術や知恵などを確実に身に付き、自信と意欲が高まるのでお勧めです。

他にもまだ初心者の状態で、内装会社の見習いで雇ってもらい、現場責任者に付いて技法や要領を学ぶ方法も効果的です。

横浜でクロス貼りの独立を目指す

壁紙施工の技術をマスターするのは難しそうな印象が強いですが、実際にはそんな事はなく、一年もあれば基礎的な要領を掴めます。

やる気がある人ですと、僅か二~三年で立派に独り立ちして行きます。

独立するのに免許は必要ない為、これがないのも魅力的なメリットです。

クロス屋さんの主な業務

新しい家を建てる場合と、改築工事に取り掛かる時では施工法が異なって来ます。

仕事の流れに関しては、あまり違いがないので心配する必要はございません。

クロス貼りでの基本的な工程は、まず家具や電化製品を別の場所に移動します。

次に室内に備え付けられている照明器具のスイッチ類や、コンセントカバーなどを全て外しておきます。

リフォーム工事へと携わる際には、既存の壁紙を剥ぎ取る用意を済ませておきます。

後は下地を調整し、クロスのノリ付けを行い、壁紙を貼って行けば漸く完了です。

横浜市は大きく町なので依頼が途切れない
横浜でクロス貼り職人になれれば、人口が多く商業で賑わっている街なので、依頼が来なくなるリスクは極めて低いです。

速く一人前になって独立し、ご自身のアイディアにより経営して見てはいかがでしょうか?

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top