職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼りを床に施す為に必要な知識について

床へのクッションフロアの施工法(両面テープ)

美しい模様で彩られた床用のクロスには、現在様々なタイプが豊富に作られています。

クッションフロアは硬くなく、柔軟性のある床専用のクロスです。

クロス屋さんに留まらず素人の皆さんでも気軽に扱える、有り難い特徴やメリットがございます。

クッションフロアを施す時に必要となる工具

床用のクロスを貼り付けるのに、揃えなくては行けない道具などは次の通りです。

メジャー・ローラー・定規・ペン・地ベラ・ハサミ・撫でバケ・養生テープ・シーラー・CFカッター・大型のカッターです。

利用する資材

両面テープ・クッションフロアなどです。

床部分へのクロス貼りを行う前に実施する作業

床全面に落ちている小さなゴミをホウキで集め取ったり、掃除機を使い吸い取っておきます。

床自体へと頑固な汚れがくっ付いていては、ボンドが密着しなくなるので、これも雑巾などを使ってしっかり拭き取ります。

クッションフロアを一旦敷いて見る

一つ目のクロスを綺麗に広げ、どんな感じになるかを確めます。

左右両方の壁際は、切りシロを9センチ位残しておき、後はハサミでなくカッターナイフで切り離しておくと良いです。

床そのものに段差が見当たるのなら、それにぴったり合うようにして、クッションフロアをゆっくりと切って行きます。

不要なエリアは除外しておく

地ベラとカッターか、若しくは状況に応じてCFカッターを扱って、余っている端
のクロスを除去して行きます。

これで一枚目のクッションフロアの仮敷き工程は終了です。

次に一つ目のシートに合わせ基準線を付けておきます。

それが済んだら二枚目以降の仮敷きを、一枚目と同じ要領でやって行きます。

次に床自体へと剥がれないようにして、両面テープを正確に貼り付けます。

最後にクロス貼りを実行し、継ぎ目の所をジョイントカットすれば作業完了です。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top