職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

ペンキ屋(塗装屋)【プロ】が使う塗料の購入方法

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

・外壁で使う塗料の値段とは

外壁塗装を依頼する時、「塗料ってどのくらい必要なんだろう」と考えます。

だけど、値段についてはそんなに気にしないかもしれません。

そもそも、家一軒もの外壁を塗る場合、塗料はかなり必要となります。

ちなみに塗料一缶あたり、安いものでも5000円、高額だと15万円もするものもあるそうです。

・プロが塗料を購入する先は

塗料はホームセンターでも簡単に購入できます。

だけど、価格は割高です。

量についても様々だけど、やはり、ホームセンターでは多量に購入は大変そうです。

ということで、塗料専門店を利用しているようです。

最近はインターネットでの販売に力を入れているお店も沢山存在します。

・塗料専門店を利用する利点とは

一番のメリットは塗料の種類が揃っているということでしょう。

他には塗料の選定から使用法まで些細なことでも相談に乗ってもらえます。

何故なら、それだけ多く塗料関連の商品を扱っているからです。

全国で配送してくれるお店も増えています。

それに用途に合わせて塗料を選ぶことが可能です。

24時間体制で注文を受け付けてくれるお店が多いです。

・業務用塗料を購入

業務用塗料を購入するのはその分、価格が割安になるからです。

・用途によって塗料を選ぶ

コスト面を抑えるために業務用塗料を購入する前に用途別に塗料を選ぶ必要があります。

例えば、外壁の場合なら、常に外気にさらされることを考慮しなければなりません。

耐用年数が長い塗料が理想的なのでしょうか。

確かに耐用年数が長ければ次回の塗り替えまで期間が長くなります。

ただし、耐用年数が長いものだと金額もそれなりの価格になります。

屋内の塗装の場合なら、人体に影響を及ぼす塗料は使えません。

そこで、屋内の場合は水性塗料を使うことが多いです。

何故なら、水性塗料の方が臭いもきつくなくいからです。

・最後に

塗料専門店自らが外壁塗装を請け負うお店も増えています。

実際のところ、塗装を行うのは下請け業者になります。

塗料をどこで購入するかは職人にとって経費を抑えることと同様の重要事項です。

だけど、安く購入するのではなく仕事を遂行するために役立つ塗料を購入します。

何故なら、塗料が高額になるのにはそれなりに高い性能を秘めているからです。

塗料専門店ではプロだけでなく初心者でも気軽に利用することができます。

そもそも、塗料や塗装の困った問題が起これば即、対応してもらえるのも塗料専門店を選ぶ決め手になります。

動画で学びたい方は「塗装職人講座」をご覧下さい。

「塗装職人講座」の詳細はこちら

5.0 rating

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top