職人を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

ペンキ屋(塗装屋)【プロ】が使うよく使う塗料について

儲かる見積書の書き方が解る説明映像付
今だけ「各業界の見積書」をプレゼント!

塗料選びはなかなか、大変と思いますか?

確かにペンキ屋が使っている塗料は気になります。

実際のところ、ホームセンターなどで簡単に購入できる塗料が殆どです。

・塗料選びとは

外壁塗装の料金や耐久年数を決めるために塗料を選んでおきましょう。

理由は塗装にかかった料金に影響してくるからです。

塗料は耐久年数などによってグレードが決まります。

ただし、いくらグレードの高い塗料だからといってしっかりと施行しないと耐久年数が発揮できません。

・プロの塗装屋が薦める塗料とは

様々なタイプの塗料があり、素人だとどんな塗料がいいか、悩みます。

ここはプロのアドバイスを参考にしましょう。

塗装工事を依頼する際、まず、打ち合わせをします。

その際、塗料関係のカタログを見せられてもどれがいいのか、分からないのは当然です。

プロなら今までの経験上、塗料について熟知しているはずです。

ただし、自分の家にあった塗料を選ぶことが第一条件に挙げることです。

・プロが選ぶ塗料とは

最近だと、フッ素系の塗料に人気が集まっています。

だけど、シリコン系の塗料もまだまだ、使っている塗装屋は少なくないです。

とはいえ、ウレタン系塗料を使用している塗装屋はありません。

・プロが選ぶシリコン系塗料とは

ここで塗装となると外壁と屋根に分けられます。

外壁なら日本ペイントやエスケー化研などの塗料が人気があります。

屋根の場合、屋根は日差しののせいで熱くなりやすいです。

なので、遮熱効果のある塗料が標準となっています。

そこで日本ペイントなら「サーモアイSi」、エスケー化研なら「クールタイトSi」などが最適です。

・プロが選ぶフッ素系塗料とは

人気なのは日本ペイントのファイン4Fセラミックとサーモアイ4Fです。

ちなみに外壁の塗装で日本ペイントの「ファイン4Fセラミック」を選んでいるのは16社です。

屋根塗装なら日本ペイントの「サーモアイ4F」を選んだのは13社になります。

・最後に

プロだからといって、別段、特殊な塗料を使うわけではありません。

塗料に求められているのは耐久性です。

何故なら、外壁などの塗装は年月が経てば、再び、塗装しなくてはなりません。

要するに長持ちする塗料に人気が集まるということです。

ペンキ屋(塗装屋)だからこそ、今までやってきた塗装の実績に基づいて塗料を選ぶのでしょう。

塗装を考えているならまず、ペンキ屋(塗装屋)で丁寧に打ち合わせをして自宅にあったものを選びましょう。

動画で学びたい方は「塗装職人講座」をご覧下さい。

「塗装職人講座」の詳細はこちら

 

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top