「職人」を目指そう!

「職人」を目指すための情報サイト。「壁装作業」「ダイノックシート」「クロス張り替え」「床張り職人」「プラスチック系 床工事作業」「塗装職人」

クロス貼り替え職人になるために

【クロス張り替え職人とは】
あなたは自宅の家の内装を考えたことはありませんか。
年月を経て、壁や天井は汚れてくるものです。その壁や天井を綺麗に施行することをクロス張りと呼び、それを仕事として稼げるのが、今、話題となっているクロス張替え職人です。
高度な技術を必要としますが、大変、需要があります。なぜなら、リフォームを考えるお客様よりも、まずは、クロス張替えで内装を良くしたいという人が多くいるからなのです。
クロスの張り替えは、素人では非常に難しい部分となります。よくDIYと称してその家の主が、このクロス張替えに挑戦しているようですが、スピードと正確さが重要で、綺麗に施行できるかというと、正直に告白しますが、職人には勝てません。
高い技術を磨き、スピーディにこなし、たくさんの受注を受ければ、収入は上がり続けるのが特徴です。このクロス張替え職人の醍醐味は、収入だけではありません。相手にクロス張りを通して、喜びや感動を与えるからです。
手に職を持ち、今まで味わえなかった充実感を感じませんか。

【どんな仕事か】
 シンプルに言えば、壁や天井など、そのお客のご要望に合わせて壁紙クロスを張り替えるのが仕事内容です。
 仕事内容は、家具の移動から始まります。クロスを張り替える場所の障害となる家具などを移動させ、仕事をしやすくした時から、始まるのです。リフォームをしないところに、保護用のシートをかぶせ、次に、既存のクロスを丁寧に剥がします。実は、この古い壁紙を剥がすところが、まずは、職人としての腕前を発揮する部分となります。下地を傷める事が無いようにカッターナイフで剥がすことが重要です。
 次にやること、それが、クロス張りです。寸分狂う事がないように、張りたいクロスの裏面に、均等に糊をのり付けします。
 その後、早急にクロスを糊が乾かないうちにスピーディに貼らなくてはいけません。
ここで大事なのが、絶対に失敗はありえないということです。
 絶対に成功するということが求められるのですが、大丈夫です。安心してください。
 元々が高度なテクニックです。この方法は時間をある程度かけ、師匠と呼ばれる人からしっかりと教わることで、だれでもいつかは施行ができるようになるからです。

【年収は】
 職人とはいうものの、どこかの会社に雇われるのと、自分自身で会社を起業するのとでは、そこに収入の差は生まれます。
 雇用なら、月収で30万くらいが相場で、年収は400万ほどとなります。普通の会社で働く一般社員よりは若干多いのが職人業です。さらに、ここからもし、たくさんの受注を受ければ、収入は増え続けます。つまり、受注をたくさん受けることで、収入も比例して増えるのです。
 もし、起業して自分で仕事を手がけるようになったら、その収入は青天井です。もちろん、しっかりとした集客力と施行力、そして、顧客満足を実現させれば、収入は何十倍にも増えるのが、自営業の素晴らしいところです。
 うなぎのぼりの収入を得るに当たり、クロス張替えだけでなく、他のリフォームを受注したり、信用を勝ち取れば、あなたのクロス張替え職人としてのステータスは一層、豊かになります。

【どうしたら、この仕事に就けるのか】
 高等技術を要するので、まずは、修行が必要です。つまり、親方・師匠と呼ばれる人の下で働き、技術と知識をしっかりと体で学び取る事が重要です。なぜなら、手に職を身に付け、
お金をいただくからです。そのためには意識として顧客に絶対の満足を提供するほどに完成度の高いクロス張替えをする必要があるからです。
 DIYといった趣味的思考ではなく、プロ思考に切り替えるのなら、誰かの下で、修行をすることがおすすめです。
 その後、親方に認められたら、独立をすることを視野に見据える行動を起こす。というのも、素晴らしい考え方だと思います。
 
【どんな人が向いているのか】
 クロスを張り替える事が、いかに相手の家の装いを美しくさせ、また、喜びや感動を与えるか、これはクロス張替え職人としての醍醐味です。
 その対価としてたくさんの工賃をいただくことができます。その顧客数は多ければ多いほどに収入はうなぎのぼりになるため、やりがいは非常にあるのです。
 しかし、一つ、重要な事があります。それは、「相手の立場になって仕事ができるかどうか」です。
 どの仕事にも言えることですが、全ては仕事の質よりも、その仕事を行う誠実さ、真剣さ、人としての魅力が、実は、顧客にとって重要なことになります。どんなに仕事ができていても、信用できる人格でないと、絶対に仕事を受注することができなくなります。
目配り、気配り、心配りというのがあります。高度な技術力の向上と、そこに豊かな人間力があってこそ、クロス張替え職人としての成功の道があります。
相手が不快にならない言葉使いや、服装、気遣い、思いやりという部分が欠如していたら、成功はあり得ません。
クロス張替え職人としての仕事は、仕事をする前から始まっているということです。
 この人なら、仕事を任せてもいい。そういった信用力を身に付けましょう。
 
【まとめ】
クロス張り替えの仕事は非常に魅力的で、仕事の面白さ、充実感、収入の安定感は非常に優れていると感じる事ができたと思います。
 親方の下でしっかりと職人としての知識と仕事を学び、そこから雇われて働くのか。それとも、独立するのかは個人の考え方ですが、いずれにしも、需要があり、今後も未来のあるクロス張替え職人としての仕事は、きっと、生きがいのある仕事になると断言できます。
 常にお客様の立場になって考え、そのための具体的な行動を現場に落とし込むという意識がまずは重要です。そこに、信用力が生まれ、たくさんの顧客に求められ、その対価として収入が増え続けるという流れができるのです。
 仕事のスキルは非常に高度で、スピードと正確さを問われるものとなりますが、顧客一人ひとりを大切にしながら、相手のために仕事をこなすことが、成功の一歩です。
 あなたもクロス張り替え職人になって、やりがいを見つけませんか。
仕事を志す事、つまり、志事として意識し、クロス貼り替え職人として生涯を捧げられるようになることを、期待して止みません。まずは、そのための一歩を踏み出しませんか。

「クロス張り替え 職人育成講座」を今すぐ自宅で学ぶ

Return Top